先日シアトルマリナーズのイチロー選手が引退されました。
僕が子供の頃から野球界を象徴する選手として活躍されてきたレジェンドの引退は、とても感慨深いものがありました。

イチロー選手の魅力は、そのプレーはもちろんですが、1つ1つの言動であり、生き様であるかと思います。それは野球という枠組みを超えて、ビジネスの世界に生きる人間としても大変大きな影響を受けました。今日はイチロー選手について考えさせられた多くの事の中で、2つをピックアップして残しておきたいと思います。


1.小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています
これは僕がインドネシアで起業してからずっとイチロー選手の写真と共にデスクトップの壁紙にして自分に言い聞かせてきた言葉です。

誰もが大きなことをしたい、とんでもないことをしたい、そう思うでしょう。
でも大きなことを成し遂げるには、小さな積み重ねしかない
まぐれでホームランを打つことは出来ても、それを続けることは出来ない。
年間262安打を打ち、その1本1本を打つために日々のトレーニング、試合前の準備を地道に積み重ねてきたイチロー選手の言葉には重みがあります。

僕もついつい焦って早く会社を大きくしたい、一発当てたい、と思ってしまうことがあります。その度にこの言葉を思い返して、日々の小さな積み重ねを大事にするようにリマインドしています。

では経営者が、ビジネスマンが積み重ねる小さなこととは何なのでしょうか。
イチロー選手はアスリートなので、ストレッチをしたり、素振りをしたり、走り込みをしたり、フォームを調整したり、心身を鍛えることを積み重ねていくわけですが、我々ビジネスの世界で生きていく人間は、頭と心を鍛えていかなければなりません。

自分のビジョンを掲げ、それに向かって「お客様に向き合い」、「社員に向き合い」、「知識をアップデートし」、「考え方をアップデートし」、その学びのすべてを自社の成長の、ビジョンの実現の為に使い実行していく。お客様の不満を見逃さず、さらなる満足を追求し、社員の成長を促し、幸せを追求し、自分の知識、考え方も毎日少しずつ向上させていく。これらをサボってしまったり、出来なくなってしまったら、経営者としては失格、引退すべきだと思っています。これらを地道、愚直に繰り返していくことが大きなことをなしとげれる唯一の道だと信じています。



2.最低50歳まで現役
イチロー選手は常々「最低50歳までは現役」と宣言し、その言動でファンに夢と希望を与えてきました。

これまでも多くの偉大な記録を達成していますが、これからもまだまだ多くの記録を塗り替えてくれるのではないかと、ファンは期待していたでしょう。
今回45歳で引退を決断されたイチロー選手に対して、「なんだ50歳までやらないんじゃないか」、「言ってることと違うじゃないか」と思った方もいらっしゃるでしょう。

僕も最初は残念でしたし、もっとやって欲しかったと思いました。しかし一方でイチロー選手が常に高い目標、夢を掲げて、その実現に向かって日々努力をしてきたことで、多くの事を成し遂げてこられたのだと気づきました。
つまり、小さな目標を掲げて100%達成するよりも、大きな達成不可能と思われるような目標を掲げて、それを80%だけでも達成できたほうが、結果的には大きなことが成し遂げられるということなんだろうと。そして周囲はその未達成を咎めるのではなく、達成してきたものをリスペクトします。

振り返ると僕はついつい達成不可能な目標を掲げるのを恐れ、達成できそうな小さな現実出来そうな目標を掲げるようになっていました。その目先の小さな現実に囚われることで、自分の思考まで小さくなっていたのです。目標を必達することは大切ですが、もっと大切なのは、高い目標を掲げ、そこに向かって努力すること。それによってイチロー選手のように大きなことが成し遂げられるのだと思います。


イチロー選手のように体で勝負をするアスリートには、どうしても体と時間の限界がありますが、ビジネスの世界ではもう少し長い目で現役生活を見ることが出来ます。
僕も大きな目標を掲げ、少しでも多くの事を達成できるように日々努力していきたいと思います。


イチロー選手、長い間おつかれさまでした。
そして多くの希望、学びを与えていただき、ありがとうございました。


1200px-Ichiro_Suzuki_2010

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年、今年もあっという間に時が過ぎ去ろうとしています。これで僕はインドネシアで5年間を過ごしたことになります。

ふと毎年なぜこんなにも時間が早く過ぎてしまうのか、年々時間が過ぎる感覚が早くなってしまうのかを考えてみたのですが、それはこれまで過ごしてきた時間の積み重ねにあるのではないかと。

つまり幼少期3歳の時に過ごした僕の一年はこれまでの人生の3分の1を占めるとても濃度の濃い1年ですが、33年生きてきた上での1年は33分の1なので、僕の人生の3%しか占めていません。マラソンでも3km走のなかの1kmと33km走の中の1kmだと感じ方もだいぶ違いますよね。

そんな風に1年の重さがどんどんと薄まっていく中で、充実した濃い1年を過ごす為には多くの事、大きな事に挑戦して、成功したり、失敗したりを超高速で回して、人生の濃度を上げるしかありません。

そんな事を考えながら、今年の取り組みについて振り返ってみると、会社の売上は前年で150%と地道に伸ばすことができ、アプリ開発、コミックのカラーリングなど、新たな事業もそこそこ順調に走り出しました。社員は数名の重要なメンバーが抜けてしまう形になってしまいましたが、それを補う優秀な若手が入ってくれ、全部で30人の会社になりよりパワーアップできました。月に一度子供向けのプログラミング教室を開き、教育事業の可能性を探り始めました。また大きな投資をして、自社ビルの建築に着手し、関係者の方々の協力のおかげで、来年の3月ごろには素敵な新しいオフィスに移動出来そうです。本当に社員や協力してくれる友人やパートナーの皆さんに感謝です。

個人としては目標にしていた年間30冊の読書をし、10月にはインドネシアに関する入門書を書き生まれて初めて自分の本を出版しました。また田舎の人と仲良くなる為にギターも特訓して、ある程度弾けるようになりました。

会社としても個人としても、定めていたことを着実にこなして、順調に進んでいたように思います。しかしなんか喜びがありません、やってやった感がありません、燃えていたけど、爆発した感じがありません。

落合陽一や本田圭佑を見ていると、悔しいし、恥ずかしくなります。

同年代のモンスター達に負けたくない、もっともっと成長したい、もっと個の力を身に付けて、インドネシアを代表する事業家に、人にできない何かを動かせる人間に、社会をよくできる人間になりたいです。

来年2019年の個人目標は下記のように定めました。

1. 売上を前年比150%成長させる。
売上についてはいつも目標にしたくないなと思いつつ、事業をやっている以上、避けられない目標です。社員数も増え、新しいオフィスにも移り、インドネシアで5年間やってきた地盤も埋まれ、事業を拡大する準備が整ってきました。そして年々培ってきた今の僕らの技術力であれば、出来ないこと、作れないことなどほとんどないと思っています。来年は積極的に営業を拡大して売上を作り、愛する社員に利益をもっと還元していければと思います。

2. インドネシアの課題を解決する自社プロダクトを産み出す
5年間やってきて、一番悔いが残っているのが、この自社サービス、プロダクトが作れなかったことです。AI、ブロックチェーンなど新たなテクノロジーが生まれ、進化している中で、インドネシアでも急速にIT化が進んでいるところと、そうでないところがあります。まだまだテクノロジーを使って僕らが解決しなければいけない問題がたくさんあるはずですし、その課題を見定めて、僕らの技術力で解決できる何かを生み出したいです。その為にも今後はAIなどの最新技術のR&D、新規事業への投資も積極的に進めていきたいと思っています。


3. 社会事業家として一歩踏み出す
これはTimedoorの事業とは直接関係のないことですが、僕はもともと社会のピラミッドの構造を変える事がしたいという夢があり、インドネシアという貧しい地域、農村地域のたくさんある発展途上国を働く場所に選びました。この数年は会社の立ち上げということもあり、売上、売上、社員の給与と資本主義の中でビジネスに挑み続けた5年間でした。しかしこれだけをやり続ける事に、少し虚しさを感じていたのも事実です。いま年末の休みでインドネシアの田舎、農村を回り、改めて様々な社会の課題を感じています。地方の資源や知恵、技術はテクノロジーと掛け合わせる事で、もっと世の中を良くできるはずです。自分では出来なくても、それをやろうとしている人に支援、協力することで社会にインパクトを与えることが出来るんじゃないかと思っています。限られた時間や費用の中ですが、来年はソーシャルアントレプレナーを支援することで、社会貢献活動にも自分の力を入れていきたいと思います。

WhatsApp Image 2018-12-29 at 19.15.25


ここに書いたこと以外にも、やりたいことが沢山あります。


来年はより濃い〜1年にしたいと思います!がんばるぞー!
このエントリーをはてなブックマークに追加

バリ島の魅力

私が今仕事をするのはアジアでも有数の観光地インドネシアのバリ島です。私は約5年前にこの地に移り住み、会社を作ってここで仕事をしています。
バリ島は海に囲まれた小さな島で、日本でいうと愛媛県と同じ程度の大きさです。観光地として有名なバリ島ですが、多くの外国人がノマドワークをしていたり、セカンドライフを送っていたりします。多くの人々を魅了するこのリゾートですが、その理由には下記のようなものがあると考えられます。

①自然と観光の融合

バリは周りを海で囲まれ、内陸部のウブドなどには山や田園風景が広がります。バリにはこの自然を上手く使った魅力的な観光地がたくさんあります。海岸沿いに作られたビーチクラブでラグジュアリーな気分を味わうことも出来れば、のんびりと海辺を散歩したり、山の中のヴィラで静かに時間を贅沢に使うことも出来ます。

②過ごしやすい気候

バリ島には日本のように四季がありません。あるのは乾季と雨期だけです。一年中温かく、湿度が低いためカラッとした気候で、日本の夏よりもはるかに過ごしやすいです。また気持ちのいい風が通るので、涼しく、気分が癒されます。

③文化・伝統

「神々が棲む島」とたたえられ、島全体がパワースポットになっているとも言われています。インドネシアはムスリムが大半を占めますが、バリ島の人たちはヒンドゥー教を信仰しており、街の至る所でユニークな建物や地元の人のお祭りなどを見かけます。建物や彫刻、家具などにはバリのスタイルが反映されていて文化・伝統とクリエイティビティやエネルギーを感じることができます。

④温かい地元人々

インドネシア人の性格は温厚でフレンドリー、バリ島も例外ではありません。外国人にも慣れているのでニコニコしながら話しかけてくれ、困っていたら助けてくれます。優しいインドネシア人と話をすることで自然と笑顔が増えるでしょう。

⑤様々な島・国の人が集まる

バリ島には世界中から旅行客やエクスパットが集まっています。またインドネシア人にとっても魅力的な観光地であり、出稼ぎの場所でもあるため、インドネシアの各島からも様々な人たちが暮らしています。このダイバーシティな環境で色んな人と触れ合うことで常に、退屈せず新しい学び、発見をすることができます。


リゾート地での仕事

私の会社ではWebやアプリの開発を主な仕事としている為、多くのプログラマーやデザイナーを抱えています。5年間彼らと密に仕事をしてわかりましたが、いい仕事をするためにはいい環境に身を置くことがとても大切です。
バリという最高の環境の中で仕事をすることで、短時間でもクリエイティブで効果的な仕事をすることができます。また週末にはビーチに行ったり、山に行ったり、外国人とパーティーをしたり、様々なイベントによって、癒され、学び、また翌週からいい仕事をすることができます。

かく言う私も日本で働いている時は毎日8時から23時まで働いていました。その時の経験が今の糧になっているのは間違いありません。今も朝から晩まで働いています。
しかしハードワークとロングワークは明確に切り分けなければなりません。そしてこれからの時代は手でやる仕事から頭や心でやる仕事に切り替えていかなければなりません。

バリというリゾート地で働くことで、心優しいインドネシア人や多様な外国人と過ごすことで、今はより自分らしく、生き生きとした人生を過ごすことができていると感じています。

日本でも働き方改革や長時間労働の禁止が叫ばれていますが、バリ島のようなリゾートで働くことで、人生や仕事を見つめなおすのもいいでしょう。


unnamed

このエントリーをはてなブックマークに追加

生まれて初めて本を自分で書いて出版しました。

インドネシアに来てはや5年ちかくが経とうとしています。
今まで後ろを振り返らずにがむしゃらにやってきました。
そこでふと思ったのは、「インドネシアの事をロクに勉強もせずに、たくさんの失敗をしてきたな」という思いでした。失敗をするのはいいことです。そこで学び、成長し、次の挑戦に生かすことが出来ます。
一方で先人たちの失敗を事前に学んだ上で挑戦することで、より高いレベルの挑戦、失敗ができるのではないか、実は私と同じように、インドネシアの事をきちんと勉強せずにビジネスに挑戦して失敗している方や、包括的にインドネシアのことをまとめている情報が少ないために、苦労されている人がいるんじゃないかと思い、自分への備忘録の意味もこめて本に書き残しました。

本を書くのは初めてのことなので、初めはとてつもなく大変なのではないか、自分なんかに本が書けるのか、と不安もありましたが、実際に書いてみると1か月程度でスラスラと書けました。あとは本に差し込むマンガをインドネシア人の若いクリエイターに描いてもらい、フリーランサーの方に編集と電子書籍化を手伝っていただき、約2万円程度で自費出版することができました。(手伝っていただいた方々ありがとうございました)

素人作品なので、読んでいただくのは恥ずかしいのですが、興味がある方はKindleで読んでみてください。誰かの挑戦の役に立てたらうれしいです。

cover design

サクッとまんがでわかる!「インドネシア入門」 5時間で東南アジア最大マーケットのイマがわかる - 漫画・図解・データ付き: 2018年最新版 人口2.6億人の若くて巨大な新市場で学ぶ・働く Kindle版



このエントリーをはてなブックマークに追加

当社ではインドネシアでの事業拡大に向け、バリ島に自社オフィスを建築中です。

これまで順調に事業が拡大してきたので、今後のさらに人員を拡大してよりアグレッシブにビジネスを展開していくために170人規模が収容できるオフィスを作ります。

建築なんて、まったく経験がないのに、いきなりの大きな重要なプロジェクトをやることになりプレッシャーもありますが、会社の未来のため、社員の笑顔のために最高のオフィスを作ります。WhatsApp Image 2018-09-21 at 01.14.59


WhatsApp Image 2018-09-21 at 01.14.59 (1)

WhatsApp Image 2018-09-21 at 01.14.59 (2)

WhatsApp Image 2018-09-21 at 01.14.59 (3)

WhatsApp Image 2018-09-21 at 01.14.59 (4)

WhatsApp Image 2018-09-21 at 01.14.59 (5)

image222

そんな当社PT. Timedoor Indonesiaでは、インドネシアで働きたい日本人人材も募集中です。興味があるかたはご連絡ください。





このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ