バリ島の魅力

私が今仕事をするのはアジアでも有数の観光地インドネシアのバリ島です。私は約5年前にこの地に移り住み、会社を作ってここで仕事をしています。
バリ島は海に囲まれた小さな島で、日本でいうと愛媛県と同じ程度の大きさです。観光地として有名なバリ島ですが、多くの外国人がノマドワークをしていたり、セカンドライフを送っていたりします。多くの人々を魅了するこのリゾートですが、その理由には下記のようなものがあると考えられます。

①自然と観光の融合

バリは周りを海で囲まれ、内陸部のウブドなどには山や田園風景が広がります。バリにはこの自然を上手く使った魅力的な観光地がたくさんあります。海岸沿いに作られたビーチクラブでラグジュアリーな気分を味わうことも出来れば、のんびりと海辺を散歩したり、山の中のヴィラで静かに時間を贅沢に使うことも出来ます。

②過ごしやすい気候

バリ島には日本のように四季がありません。あるのは乾季と雨期だけです。一年中温かく、湿度が低いためカラッとした気候で、日本の夏よりもはるかに過ごしやすいです。また気持ちのいい風が通るので、涼しく、気分が癒されます。

③文化・伝統

「神々が棲む島」とたたえられ、島全体がパワースポットになっているとも言われています。インドネシアはムスリムが大半を占めますが、バリ島の人たちはヒンドゥー教を信仰しており、街の至る所でユニークな建物や地元の人のお祭りなどを見かけます。建物や彫刻、家具などにはバリのスタイルが反映されていて文化・伝統とクリエイティビティやエネルギーを感じることができます。

④温かい地元人々

インドネシア人の性格は温厚でフレンドリー、バリ島も例外ではありません。外国人にも慣れているのでニコニコしながら話しかけてくれ、困っていたら助けてくれます。優しいインドネシア人と話をすることで自然と笑顔が増えるでしょう。

⑤様々な島・国の人が集まる

バリ島には世界中から旅行客やエクスパットが集まっています。またインドネシア人にとっても魅力的な観光地であり、出稼ぎの場所でもあるため、インドネシアの各島からも様々な人たちが暮らしています。このダイバーシティな環境で色んな人と触れ合うことで常に、退屈せず新しい学び、発見をすることができます。


リゾート地での仕事

私の会社ではWebやアプリの開発を主な仕事としている為、多くのプログラマーやデザイナーを抱えています。5年間彼らと密に仕事をしてわかりましたが、いい仕事をするためにはいい環境に身を置くことがとても大切です。
バリという最高の環境の中で仕事をすることで、短時間でもクリエイティブで効果的な仕事をすることができます。また週末にはビーチに行ったり、山に行ったり、外国人とパーティーをしたり、様々なイベントによって、癒され、学び、また翌週からいい仕事をすることができます。

かく言う私も日本で働いている時は毎日8時から23時まで働いていました。その時の経験が今の糧になっているのは間違いありません。今も朝から晩まで働いています。
しかしハードワークとロングワークは明確に切り分けなければなりません。そしてこれからの時代は手でやる仕事から頭や心でやる仕事に切り替えていかなければなりません。

バリというリゾート地で働くことで、心優しいインドネシア人や多様な外国人と過ごすことで、今はより自分らしく、生き生きとした人生を過ごすことができていると感じています。

日本でも働き方改革や長時間労働の禁止が叫ばれていますが、バリ島のようなリゾートで働くことで、人生や仕事を見つめなおすのもいいでしょう。


unnamed

このエントリーをはてなブックマークに追加

生まれて初めて本を自分で書いて出版しました。

インドネシアに来てはや5年ちかくが経とうとしています。
今まで後ろを振り返らずにがむしゃらにやってきました。
そこでふと思ったのは、「インドネシアの事をロクに勉強もせずに、たくさんの失敗をしてきたな」という思いでした。失敗をするのはいいことです。そこで学び、成長し、次の挑戦に生かすことが出来ます。
一方で先人たちの失敗を事前に学んだ上で挑戦することで、より高いレベルの挑戦、失敗ができるのではないか、実は私と同じように、インドネシアの事をきちんと勉強せずにビジネスに挑戦して失敗している方や、包括的にインドネシアのことをまとめている情報が少ないために、苦労されている人がいるんじゃないかと思い、自分への備忘録の意味もこめて本に書き残しました。

本を書くのは初めてのことなので、初めはとてつもなく大変なのではないか、自分なんかに本が書けるのか、と不安もありましたが、実際に書いてみると1か月程度でスラスラと書けました。あとは本に差し込むマンガをインドネシア人の若いクリエイターに描いてもらい、フリーランサーの方に編集と電子書籍化を手伝っていただき、約2万円程度で自費出版することができました。(手伝っていただいた方々ありがとうございました)

素人作品なので、読んでいただくのは恥ずかしいのですが、興味がある方はKindleで読んでみてください。誰かの挑戦の役に立てたらうれしいです。

cover design

サクッとまんがでわかる!「インドネシア入門」 5時間で東南アジア最大マーケットのイマがわかる - 漫画・図解・データ付き: 2018年最新版 人口2.6億人の若くて巨大な新市場で学ぶ・働く Kindle版



このエントリーをはてなブックマークに追加

当社ではインドネシアでの事業拡大に向け、バリ島に自社オフィスを建築中です。

これまで順調に事業が拡大してきたので、今後のさらに人員を拡大してよりアグレッシブにビジネスを展開していくために170人規模が収容できるオフィスを作ります。

建築なんて、まったく経験がないのに、いきなりの大きな重要なプロジェクトをやることになりプレッシャーもありますが、会社の未来のため、社員の笑顔のために最高のオフィスを作ります。WhatsApp Image 2018-09-21 at 01.14.59


WhatsApp Image 2018-09-21 at 01.14.59 (1)

WhatsApp Image 2018-09-21 at 01.14.59 (2)

WhatsApp Image 2018-09-21 at 01.14.59 (3)

WhatsApp Image 2018-09-21 at 01.14.59 (4)

WhatsApp Image 2018-09-21 at 01.14.59 (5)

image222

そんな当社PT. Timedoor Indonesiaでは、インドネシアで働きたい日本人人材も募集中です。興味があるかたはご連絡ください。





このエントリーをはてなブックマークに追加

バリ島から飛行機で約1時間、21世紀最初の独立国である東ティモールまで観光に来ました。


2002年5月20日に独立を果たしたばかり、まだ独立後20年も経っていない新しい国なのです。
IMG_0965




街にはポルトガル植民地だった時代の名残が多く残されています。学校での教育もポルトガル語、独立後も東ティモールとポルトガルは密接な関係にあります。
IMG_1048



世界で2番目に大きなイエス像があるクリストレイ。ポルトガルの影響を受けて、国民の大半はカトリックです。
IMG_0961


銀行や通信会社、飲食物などインドネシアの企業も多く見られます。
もともと1975年にインドネシアが軍事侵攻、27番目の州として強制的に併合したという黒歴史(サンタクルス事件)がありますが、同じ島を線を引いて分けた国同士、食文化も似ていますし、顔や体格も似ています。
IMG_1053


サンタクルス墓地にも行ってお参り。
IMG_0972




島は綺麗な海に囲まれています。
油田開発や魚の養殖などで海外と交渉しながら国家の生計を立てています。
IMG_0953





至る所で開発しています。あまり進んでないようにも見える。
WhatsApp Image 2018-06-01 at 20.47.47



東ティモール唯一のショッピングモール、Timor Plaza。すべてはここにあります。いや、ここにしかありません。。
WhatsApp Image 2018-06-01 at 21.16.53



子供たちの笑顔が一番です。
876



現地にいる友人に色々と教えてもらいました。
IMG_1037

10年前と一番変わったのは治安。以前は治安が悪く、夜10時以降の外出などはまったく考えられなかったそうです。今では治安もよくなり、安心して暮らせる場所になってようです。僕も独り歩きをしましたが、特に怖さは感じませんでした。


この国の歴史は常に植民地化、独立との闘いでした。
当時彼らを自国のものにしようとしたインドネシア、ポルトガルと殺し合いをし、多くの犠牲者をだしながら最終的に独立を勝ち取りました。

当時争ったポルトガルやインドネシアの人達が、今でも沢山この国で働き、協力関係にあったり、緊張関係にあったりします。独立を勝ち取ったからと言って、それで全てが解決するわけではないのでしょう。

また、独立後一段落しPKOがさり、各国の支援も落ち着いた今、これから国としてどうやって独り立ちし、発展していくか、それは東ティモールの政府、国民にかかっています。
今はまだ油田に頼りきり、低迷の雰囲気がただよう経済を、もう一度ドライブをかけていく必要があるでしょう。


今回多くの犠牲をもとに独立を勝ち取った国の人達が、どんな生活を送っているのか、見てみたくて訪問しましたが、本当に普通に生活していますし、子供たちの無邪気な笑顔がとても印象的でした。
自然に囲まれた美しいこの国の人達が、より幸せな生活が送れるように願ってます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

これはサッカー日本代表本田圭佑選手の言葉です。


人は誰もが成功したいと思っています。でも成功にとらわれてしまうと、成功にはつながりずらい。


成長にこだわると、挑戦をします。難しいことに取り組みます。努力をします。失敗をしてもくじけずに立ち上がります。


そうしたことを繰り返すことで人間は成長することができます。


成長することが、成功への確率をあげることに繋がります。



インドネシアという国にでてきて4年間、1つの大きなメリットとして感じるのが、国全体がすごいスピードで成長していることです。
その成長の波に乗って、事業、自分自身をより早く成長させることができます。


僕は今この成長に取りつかれています。昨日よりも今日、もっともっと成長していきたい。



一緒にインドネシアで成長にこだわって、働いてくれる仲間を探しています。
成長する東南アジアの熱狂の中で、一緒に自分を成長させることに興味がある方は是非ご連絡ください!


mountaineer-2100050_1280

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ