team climb
今週はインドネシアはレバラン休日、1週間のお休みの機会を利用してスラウェシのルウ(Luwu)というインドネシアでも田舎の地方を訪れていました。インドネシアという国は2億4000万人の人口を誇る東南アジアで最も経済成長を期待される国ですが、実際は人口の大半は各島の地方に住んでいる貧しい人たちです。語学学校を運営しているMadiさんをボランティアという形でお手伝いさせていただきながらインドネシアの地方の方々の生活をみて勉強させていただきました。
madifamily
今回お世話になったMadi一家



Madiの学校では村の小さい子供たちから大人たちまで低額で英語を勉強することができます。海外からボランティア講師を招いて実際に外国人と話しながら実践的な英語を学ぶことができます。
lecture image
aozora kyousitsu




しかし近年のインドネシアの状況に合わせて毎年学校施設の賃貸料金は値上がりするばかり、ついに存続の危機が訪れていました。そんな中、幸い地元の方のご好意で土地を安く購入することができました。ここに新たに学校を建設して持続可能な教育を地域に提供しようと考えています。


drawing image
学校の建設イメージ

schoolbuilding

1棟完成したところでお金がなく建設が止まってしまっています



僕は学校建築に必要な建設費や木材を稼ぐためにクラウドファンディングを使っての資金集めを行なったり、旅行客を誘致して観光業を強化することを提案しお手伝いして来ました。



観光業のメインはスラウェシで一番高い山ラティモジョンLatimojongです。この山ではコーヒー農園が盛んで標高2000mくらいの所にも多くの農家の方々がコーヒーの栽培をしながら暮らしています。
coffee life
chinko




コーヒー農園のスタディーツアーや美しい自然を生かした様々なアクティビティの実現性を調査しにMadiと農家のKabirと共に山を登りました。
nakama



美しい山々
IMG_5445
IMG_5713



途中には滝ウォーターフォールがあり遊べます
waterfall



多くの人が山の上で暮らしています
決して裕福とは言えない暮らしの中ですが人々はとても暖かく、初めてあった僕にも食事を振舞ってくれたり、寝床を用意してくれました。僕らは観光業について、ゴミ問題について、インドネシアの政治について、子供たちの教育についてなど夜通しでずっと村の人たちと議論させてもらいました。
coffee familly
IMG_5664



たったの1週間でしたがここで体験したことは一生忘れることはないでしょう。僕がこの小さなインドネシアの田舎で見た人たちは村全体がひとつの家族のように笑いあい、助けあい、生きていました。日々仕事に終われる日々の中で忘れつつあった人々の暖かさをここで思い出すことが出来た気がします。
またバナナやココナッツなど自然のものを毎日のように食べ、川の水で用を足したり水浴びをしたりすることで自分がいかに恵まれた現代的な暮らしをしているのかを実感しました。
IMG_5470

IMG_5717



ここで暮らしているような人たちはインターネットもなく本当に隔離された場所にいるので、誰かの助けがなければどんどんインドネシアの経済発展から取り残され搾取されるだけの存在になってしまうかもしれません。幸いここでMadi、Fadriという素晴らしい若きリーダー達に出会うことができました。彼らは自分たちの地元を愛しよりよい未来を子供たちに残してあげたいと本気で取り組んでいました。僕も自分に出来る限りの支援を続けながら、どうすればこのような人たちの未来を明るくしてあげられるのか、もっともっと考えてアクションしていきたいと思います。
13616244_120300000031680795_1043437001_o


MadiのEnglish School
https://www.facebook.com/ELCLontara/ 

Indigogoでクラウドファンディング募集中です
https://www.indiegogo.com/projects/build-an-english-school-for-my-local-in-indonesia#/
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5133


先日創業当時から会社を支えてきてくれた社員が1人退社しました。
彼にはこれまで約2年半にわたり常に最前線で働いてもらいました。 インドネシアでは珍しくとても勤勉で、緊急時は早朝でも深夜でも会社の為に働いてくれました。今まで弊社で作ってきたサービスは8割が彼の作ってくれたサービスです。家庭の事情で引っ越す事になり、本当に残念な退社ですがここで学んだ事、スピリッツを忘れずに頑張ってもらいたいです。彼が抜けた穴は大きいですが、新しいメンバーを含めた今のチームは彼の穴を埋めて余りある力を発揮してくれると信じています。



そんな彼の送別と、会社設立2周年、そして新しいメンバーの歓迎をかねてみんなでアウティングに行ってきました。温泉リゾートに行ってチームビルディングゲームやカヌー、温泉を楽しみました。こんなに楽しい思いができたのは初めてかもしれません。アウティングは仕事の日頃の忙しさや大変さを忘れてリラックスし、チームの距離を縮めてくれる最高の施策だと実感しました。経営者の方や人事の方にはぜひ試してみてもらいたいです。





新たな出会いや別れを繰り返し、今では16人がうちオフィスで働いています。インターンを合わせると20人です。

海外に出ると決めた時、会社を作った時、頭の中にあったのは自分の夢や事業の事がほとんどでした。今、家族のような社員たちに囲まれて毎日生活していて、どうしたら彼らをもっと幸せにしてあげれるのかと常に考えています。

僕は給料日に給料を手渡しするときにみせる彼らのわかりやすい満面の笑みが大好きです。少し自分が誇らしく、でももっと上げてあげたいと悔しさも感じる瞬間です。

もっと社員を、社会を豊かに出来るようにこれからもがんばります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

sunset-242035_1280

先日アメリカのカリフォルニア州で最低賃金を時給15ドル(約1700円)に段階的に上げていくことが決まったようですね。最低の賃金が1700円、全く使えない人でも1時間1700円が保証される。すごいことですね。

カリフォルニア州、最低賃金を時給1700円に引き上げ 「経済的正義」と州知事
http://www.huffingtonpost.jp/2016/03/29/california-minimum-wage_n_9568150.html

日本でも最近は最低賃金を上げて労働者の収入を増やして経済を活性化すべきだという議論が多くされているようです。日本に居たときは最低賃金なんてものは一切気にしたことがなかったのですが、今まさに毎年最低賃金が上がっていく国に住み、そこで会社を経営することになり、最低賃金というものをかなり意識するようになりました。アメリカや日本の動きを見ながら、私の住んでいるインドネシアのバリ島の経済が今後どのように変化していくのか自分なりに考えてみました。


まずバリ島の経済は7割が観光業、つまり観光客に提供するサービスで成り立っています。この島の経済は良くも悪くも観光業の出来、不出来に大きく依存しているということです。今までバリ島の経済が良かったのも観光業のおかげの他ありません。しかし2年間バリ島に住んでみて3つの理由から今後のバリ島の観光業に対して少し不安を感じています。
その3つとは
1.最低賃金の上昇
2.賃貸物件料の上昇
3.材料費の上昇

これら3つの要素は今後5年、10年と発展途上国であるインドネシア全体のトレンドに合わせて上がり続けていくでしょう。インドネシアという国はみんなの給料が上がり消費が増えるので企業が儲かり賃貸物件料や材料費が上昇しても基本的には問題ない国です。むしろ消費が増えて経済が活性化するので最低賃金が上昇するということはいいことなのだと思います。

しかしバリ島という島に限定するとどうでしょうか。お客様は別の国から訪れてくれる方ばかりです。彼らの財布の中身が増えるか、観光客数そのものが増えない限りはパイの奪い合いをするだけでバリ島全体としての経済発展は難しいものがあります。

バリ島の観光客は毎年増えていますが実態は中国人観光客の増加が大きな要因です。
今後はのんびりとビジネスをするだけでは難しくインターネットなども上手く使って真剣にマーケティングをしていくところとそうでないところとで大きな差が生まれてくると思われます。
弊社も多くの観光業関連の方とお付き合いがありますので、我々にできるクライアントへのサポートをより力を入れてやっていきたいと思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加

startupwebservice

日々成長中のインドネシアのインターネットビジネス。近年では東南アジアに注目が集まってることもあり有望なビジネスは投資を受けて一気にブレイクすることも可能です。Gojekのようなこの地域ならではの課題を解決するようなサービスもでてきており、知らない間に多種多様なWebサービスが日々増えております。
Internet Business of Indonesia is developing day by day. Nowadays there are many opportunity to jump up immediately with funding because SEA attract investors. There are new service to solve local problem like Gojek, so we should monitor market well.

TECHINASIAの記事で2015年に投資を受けたスタートアップのWebサービスのインフォグラフィックが出ていましたので目を引いたサービスをいくつかご紹介したいと思います。
TECHINASIA announced funding result of 2015 with INFOGRAPHIC, let me introduce my featured service.
Indonesia’s startup funding exploded in 2015 (INFOGRAPHIC)


Mataharimall
mataharimall
https://www.mataharimall.com/

昨年華人系財閥のLippo Digital Venturesからインドネシアで最大の500万ドルの投資をうけたオンラインショッピングサイト。投資を受けてかなりプロモーションも強化しておりいたるところで広告を見かけます。
Biggest funding online shop in 2015. I can see their advertisement in anywhere.


Indotrading
indotrading
http://en.indotrading.com/

B to CやC to Cのサービスが目立つインドネシアのスタートアップの中でB to Bのに特化するマーケットプレイスです。オフィス用品、工業用品、服などあらゆる商品が15万点以上掲載されています。
B to B service is still rare in Indonesia. This market place has more than 150000 item like office equipment, cloth etc.


bridestory
Bridestory

ウェディング関連サービスのディレクトリです。このサイトの影響もありインドネシアでも徐々に欧風式ブライダルが増えていくでしょう。ピンタレストのようなデザインが魅力的です。
Wedding directory service. I expect european bridal will increase in Indonesia. Attract design like pinterest.


ZEEMI.TV
zeemi

インドネシアでも徐々にオリジナルの動画サービスが出てきています。ZEEMI.TVはUstreemのような自分のライブストリーミングスタジオを作って放送できる動画サービスです。
Gradualy movie service published in Indonesia also. ZEE.TV is movie service that can make own live streaming studio and broadcast.


kudo
kudo

途上国ならではの売り方で注目を集める新しいスタイルのO2O eコマースです。エージェントと呼ばれる提携者にタブレットを配り銀行口座を持っていない人でも現金でネットショッピングが楽しめる仕組みを提供しています。
This O2O e-commerce attract by tipical style of developing country. Their partner who called agent has tablet from kudo, and people who don't have bank account also can use internet shopping.


Touchten
touchten
http://www.touchten.com/

こちらはWebサービスというよりはゲームやゲームのプラットフォームを開発している会社になります。グリーなどから資金を調達しておりインドネシアのDeNAやグリーを目指しているといった感じでしょうか。ちなみに創業者のAntonさんは日本で勉強した後に帰国して起業しているので日本から多くのことをインスパイアされています。
This company provide game and game platform. It seems they aim to be Indonesian DeNA, GREE. Founder Anton studied in Japan, so he inspired something from Japan.
 

cermati
cermati

クレジットカードやローンなどの比較サイトです。すでに多くの会社が掲載されており今後このような金融系商品を取り扱うサービスが伸びていくと予感させるサイトになっています。
Comparison site of credit card, loan etc. There are already many company in this site. We can expect these kinds of financial product website.



ケータリングやお弁当やおかずの配送をしてくれるサービスです。味がおいしいかは怪しいですがインドネシアにしては野菜なども使い健康に良さそうな食事を提供しています。今のところ対象エリアはジャカルタのみのようです。
This service deliver catering and lunch box. Doubt about flavor however they provide healthy food, vegitable in even Indonesia. Now service area is only Jakarta.


Pop Box
popbox

多くのECサービスが登場している中で配送の問題はまだ根強く残っています。その一つがラストマイル問題。せっかく届けたのに家に居なかったり、指定の時間になっても商品が届かなかったり、そういった問題を解決する手段として各地にロッカーを設置し最寄のロッカーで商品を受け取れるようにしています。日本でもラストマイル(近くまで届けてからが長い)の問題解決はどんどん進化していくと思われます。
There are many EC service but still remain shipment problem. Nobody in house, even though deliver to house. This service provide locker to solve this kinds of problem. So customer can receive at anytime in near from house.


Happy Fresh
happyfresh

こちらは最近徐々に世界中で盛り上げを見せているパーソナルショッパーの買い物代行サービスの東南アジア版です。1時間で届けてくれるようですが本当なのでしょうか。Gojekなどとのサービスの住み分けが出来るかどうかが問題になってきそうです。
Personal shopper's service in South East Asia. Personal shopper shopping on someone's behalf. This service guarantee within 1 hour. Probably the point is to compete with similar service like Gojek.


YES BOSS
yesbossnow

SMSを送るだけでタクシーを呼んだり、映画のチケットを予約したり旅行のホテルや飛行機を手配したりしてくれるサービスです。UBERやfood panda, Qravedなどいくつかのサービスと連携してサービス構築しているようです。完全に無料で使うことができます。
This service call taxi, book movie ticket, hotel of travel, flight ticket etc by just send SMS. They already connect with UBER, food panda, Qraved etc. Completely free service. 


Konsula
konsula
https://www.konsula.com

ドクターやクリニックの検索サイトです。病気や痛い場所の種類によって該当するドクターを検索できるので何かあってドクターやクリニックを探さないといけない際には重宝されそうです。
Directory service of doctor or clinic. We can search best doctor by sick or point of body, it seems to be useful when we hurt by something.


Printerous
printerous
http://www.printerous.com/

自分だけのオリジナルカップや携帯カバー、バッグなどにプリントして購入できるサービスです。また自分で作ったオリジナル商品を集めたオンラインマーケットプレイスで販売することも可能です。
Create your original cup, hand phone cover, bag to print your favorite picture. And you can make your own online market place to sell your original product.


Qeaved
qraved

インドネシア版の食べログのようなサービスです。すでに全国各地かなり多くのレストランが掲載されたいます。バリ島だけでも3000近くのレストランが載っているとは驚きです。レストラン検索だけでなくJOURNALと呼ばれるレポート記事にもかなり力を入れているようです。
Indonesian yelp or tabelog. There are many restaurant already in all over the country. I supprise that there are about 3000 restaurant in only Bali. 


dicoding
dicoding

プログラマー向けのeラーニングサービスです。Webやアプリの開発など様々な授業をインターネットで受けることができます。Challengeとよばれる自身で作ったプロジェクトを投稿してレビューを受けるサービスもあります。
e learning service for programmer. We can receive Web, application etc, "Challenge" is one of their service that receive review to post your project.


Studentpreneur
studentpreneur
こちらもeラーニングサービスですが、シリコンバレーアントレプレナーシップやシックスシグマメソッドなど多岐にわたるコースが用意されています。  
This service also e learning service too. There are various lesson like Silicon Valley entrepreneurship, six sigma etc..


ここ数年はECサイトの乱立という感じでしたが、ご覧のように様々なサービスが登場してきました。もはや一昔前に言われたタイムマシン経営で単純に成功できるほど簡単なマーケットではありません。ビジョンとアイデアと情熱を持った中の一握りの人だけが成功を掴めるのでしょう。
These few years, so many EC site lunched, but now there are various service like above. No longer we can use time machine management and success easily. Only person who has vision and passion can make success.

僕もこれらのサービスに負けない”多くの人に必要とされる素晴らしいサービス”を絶対に絶対に創っていきます。
I will create "incredible service that needed by many peope" to compete with these service.
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の年末年始は中国で過ごしました。正月と言っても中国には中国の正月がありますので現地は普段とあまり変わりません。これまで東南アジアの国々を転々と旅行してきましたが、折角の大型連休なのでこれまで行ったことがない大国で何かを学び取れればと思い1人で旅してきました。

走り書きですが一応備忘録的に自分の学びを。

IMG_3979

中国人は英語が話せない
これは少し驚きだったのですが英語がほぼ全く通じませんでした。観光地やホテルのスタッフですらかなり怪しい感じです。中国人は一説では世界一の英語人口国と何かで聞いたことがありましたが、まず嘘だと思います。しかし日本人の話せない人でももう少し何とかしようと努力するものですが、私が対した中国人の方はみんな完全にシャッターを閉める感じで、どうにもならない事が多くて困りました。


IMG_4356

中国人は性格が悪い(すべてではありませんが)
中国人と言えば性格が悪い、マナーが悪いと各地でよく聞いていましたが、実際にあまり中国人の方と対峙したことがなかったので、本土の中国人の方がどんな感じなのか楽しみにしておりました。さて実際に対峙してみての印象ですが、正直あまり良いものではありませんでした。悪口のようになってしまうのであまり書きたくありませんが、電車を降りる人を無視して駆け込んで乗ったり、至る所で唾を吐いたり、道でもガンガンぶつかってきたりと、譲り合いを美徳とする日本人にはなかなか理解できないことが多かったです。


IMG_3946

金盾恐るべし
本当は共産主義の国の人々の生活がどのように違うのかという観点から何かを学び取りたいと思っていたのですが、あまり実感することはできませんでした。唯一痛感したのは金盾(グレートファイヤーウォール)と呼ばれる検閲システムです。いくら休暇中とはいえメールのチャックやLINEでのやり取り、細かい調べごとなどインターネットを使いたいシーンが多々あるにも関わらずGoogle, LINE, Facebook, YouTubeなどはすべてフィルタリングされて使用できませんでした。このかなり徹底した情報操作は共産主義ならではなのかなぁと感じました。それにしても普段の自分の生活がいかにインターネットに依存しているか、またそれが自由に使える環境がいかに幸せなことなのかを痛感しました。



他にも真冬なのに部屋のシャワーが冷凍シャワーだったり、軽い詐欺にあったりいい思い出よりは辛かった思い出のほうが多かった今回の旅ですがまた一回り人として強くなれた気がします。
また行きたいとは思いませんが中国の皆様ありがとうございました。謝謝。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ