traffic
 
今、インドネシアの交通事情に大きな変化が起きているような気がします。
インドネシアと言えば最低最悪の渋滞で有名ですが、今その不便をビジネス機会としてスマートフォンを使ったシェアリングエコノミー型の交通サービスが急速に普及し始めています。
主要プレイヤーは下記の3社です。
uber
まずは誰もが知ってるUBER(ウーバー)。アメリカ発祥のサービスです。昨年の8月からジャカルタでサービスを開始し、現在はジャカルタとバリでサービスを運営しています。運営しているといっても会社がインドネシアにある訳ではなく、現在「税金泥棒」と政府から厳しい追及を受け会社設立の手続き中だそうです。。相変わらずどこの国でもコンフリクトしますね。。。
私も使わせていただきましたがタクシーより安くてスマホで呼ぶと10分くらいで迎えに来てくれて大満足でした。
ちなみにドライバーさんにインタビューしたところ車を持っていないとウーバーから車をレンタルする形になり、給料はそこそこだそうですが、車を持っているとその車を使ってビジネスができ、ウーバーに20%(たしか)程度の手数料を支払って後は全ての売り上げが収益になる為、通常のタクシー運転手の倍くらいの収入が見込めるようです。





grab_taxi
続きてGRABTAXI(グラブタクシー)、こちらはインドネシアの隣のマレーシア発祥のサービスです。マレーシアでは誰もが知っている圧倒的な人気を誇るサービスです。今月からインドネシアに上陸してきました。なんと現在無料乗車体験キャンペーン中です。ソフトバンクのニケシュアローラ氏からの300億円を始めかなりの出資を集めており豊富な資金を使って一気にシェア、認知を拡大にかかっています。




gojek
こちらはウーバーやグラブタクシーと違い、バイクでのサービスを提供しているGOJEK(ゴジェック)です。インドネシア語でオジェックというとバイクタクシーという意味ですがそれを文字っていますね。サービスはバイクでの送迎だけでなく物の送迎、デリバリーフードサービス、買い物代行などのサービスを提供しており、現在すごい勢いで拡大しています。

contoh
私の生活エリアでもこのようなジャケット、ヘルメットをとてもよく見かけるようになりました。ドライバーの数が爆発的に伸びているようです。私の友人でも仕事を辞めGOJEKのドライバーになった人がいます。理由は明瞭で、お金です(笑) バリで普通に働いている人だと大体2~300万ルピア(2~3万円)程度の給与水準なのですが、なんとGOJEKドライバーなら一日30万ルピア程度稼ぐことができるようなのです。毎日働けば給与相場の3倍です。いつも乗り慣れているバイクに乗るだけでそれだけの給料がもらえるので誰もが飛びついているという訳です。



さて、という事で今インドネシアで大ブームを引き起こしているこれらのサービスですがまだまだ問題は山積しています。スマートフォンがコアになっていますが電波の問題があるのでドライバーに上手く会えなかったり、会社がないのでインドネシアで収益があるのに納税をしていなかったり、白タクなので従業員という形にはならず個人の所得もなし、社会保障もなし、まだまだ整備していかないといけない点が多くあります。
しかし今まで交通という点においてどこよりも苦労してきた国です、不便を改善するこうしたサービスの需要があるのは大きいのは間違いありません。今後が楽しみです。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日たまたまこんなデータがネットで出回っているのを見ました。
「ネット先進国」はどこだ?
ネット先進国」はどこだ? SNS、買い物 … お国柄を探る


すごくきれいにまとめてあってすばらしいなぁと思う反面、最近このようなデータをみて感じることがあります。

「あんまりアテにならない」


約1年半インドネシアに住んでみてこういうデータと自分の見ている現実を比べるとすごく大きな乖離を感じます。

例えば携帯電話契約数。インドネシアでは携帯電話の番号を取得する際に各キャリアのSIMカードを購入して番号を取得します。この売れた枚数が携帯電話契約数となっていますが、このSIMカード現地の露天みたいなところでも気軽に買えます。1枚の値段は日本円で200円くらいなのです。現地で僕の友達やスタッフを見てみるとこれを普通にみんな2~3枚持っています。仕事とプライベートで分けたり、同じ通信キャリア同士だと通話割引があったりするので複数番号を持っていると安く運用できるからです。

24741487-Prepaid-sim-card-in-Indonesia-Stock-Photo


他にもよくネットの通信速度比較みたいなデータもよくありますが、これもどこまで信用していいか怪しいものです。どのように速度の計算をしているのかわかりませんが、僕の住んでいるバリ島ではまず平均速度という概念が通用しません。早いエリアもあれば遅いエリアもあります。仕事終わりの夕方になるとみんなが使い始めるので急激に遅くなったりします。
また後進国では通信速度以上に通信の安定度が大事です。僕の会社でも今2つのネット回線と契約しています、なぜなら頻繁につながらなくなることがあるので常にバックアップを用意しておく必要があるからです。それでも同時につながらなくなり仕事が止まってしまうこともあるくらいです。


以前は僕もこういう各国比較データをみて「なるほどな~」と思っていました。
でも実際に海外に住んでみると調査データと現実が大きく乖離していることが多々あります。

自分もそうだったように企業の経営企画の人などがネットで見つけたデータを使って海外戦略を練って役員会で資料を提出し、現場感のない誤った判断が行われることが往々にして行われます。でも実際には現地の人から聞く「データのことはよくわかりませんが、僕の周りではこんな感じですよ」といった意見のほうが重要なことが多いかなと今は感じています。

色んな角度から物事は見ないといけませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

約1年半前ぶりに日本に帰りました。海外で暮らしてからしばらくぶりに見る日本を以前とは違う視点で見ることができました。


○やっぱり日本はすごいなぁと思った点
・サービス業の店員さんのレベルが異常に高い。ホスピタリティがすごい。
・食事が美味しい。松屋の安さと上手さは異常。
・街が綺麗。ゴミが捨てていない事、店がピカピカなことが当たり前になっている。
・電子マネーの様な機械と人間によって仕事が効率化されているので少ない人数でも店が回る様になっている。


×ちょっと日本やばいんじゃないと思った点
・電車内の雰囲気が暗すぎる。特に通勤時間帯のどんより感は凄まじい負のオーラで同じ空間にいるのが辛い。
・全体的に会話が愚痴っぽくなりがちで、他責構造な人が多い。
・挑戦者の割合が少ない。同年代と話していても新たな大きな挑戦に挑んでいる人はほとんどいない。
・地方と都心の格差が広がり続けている。地方から人がどんどん離れていっているように感じる。
・外国人に対して優しくない。外国人が駅で困っていても誰も助けようともしない。誰も喋れないしWi-Fiが使える場所がほとんどないので地獄。



全体的に閉塞感や停滞感を感じることが多かった気がします。この感覚はインドネシアでは全く感じることのないものです。この1年半は僕自身はすごく大きな変化があったので、逆に昔からの友人や同僚に大きな変化があった人が少なかったのは少し残念でした。

僕は日本で産まれ日本の事が大好きなので日本の未来が心配です。僕の家族や友人がみんな幸せに暮らせるか心配です。行政や政治に頼るのではなく1人1人が社会に疑問を持ち行動を起こすことが大切なんだと思います。僕は海外から日本の未来をもっと元気に出来るようより一層頑張っていこうと思います。


FullSizeRender
久しぶりにおばあちゃんに会えた。当時の戦争の話が聞けて本当によかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加


火曜日が休日でしたので以前から気になっていたインドネシア第二の都市スラバヤへ訪問してきました。


バリから飛行機で約1時間、とても近いです。ただ到着時間が遅かったのでその日はそのまま空港で野宿してしまいました。。。

翌朝いよいよ市内へ出発です。言葉も話せるし特に急いでいる訳でもなかったのでインドネシア人が使うローカルバスを利用して移動してみました。空港から郊外のプラバヤまで25,000IDR、そこからバスを乗り継いで市内の方まで6,000IDRだったので計31,000IDR。タクシーを使うと150,000IDRくらいみたいなので結構節約できました。
20150602_001716066_iOS
移動のバスはこんな感じで少し汚め


そこからスラバヤの大学を見てまいりました。
国立のスラバヤ大学、情報系のスラバヤ工科大学、東ジャワ最大規模と紹介されたPetra大学を訪問しました。休日だったので建物の雰囲気を見ただけですが、規模から推定するレベルはバリと同じくらいかなぁという印象です。日本の大学なんかと比べると全然話にならないレベルです。
20150602_025434866_iOS
ジャワ随一のレベルを誇るスラバヤ工科大学

20150602_054922450_iOS
ジャワ最大級の大きさを誇るPETRA大学。授業料も高い。


続いてショッピングモールを見学。一応スラバヤで一番レベルが高いと言われるCeptra World Surabayaに行ってきました。まぁ東南アジアによくあるデカくて綺麗なモールですね。個人的にはあんまり好きじゃないです。銀行系のクレジットカードがカードを使うと20%?50%のオフみたいなキャンペーンをやっていて、クレジットカード獲得競争の激化を感じました。また印象的だったのは休日にもかかわらずあまり人がいなかったということですね。別のもう少しレベルの低いショッピングセンターとかは人がごった返してたのでまだスラバヤでこのレベルのお店は少し早いのかもと感じてしまいました。
20150602_051721635_iOS
大きなモールがあちこちにあります。



少し休憩して早めの夕食へ。中華街に行ってみましたが、全部閉まってる?!行ったのが夕方の5時過ぎだったのですが、まさか全部閉まってるとは。。というか開いてたとしてもローカルの中華系ワルンが数店あるだけのわりとさみしい中華街なのだと思います。
20150602_094817920_iOS
レッドブリッジという中華街の入り口


ここでの食事をあきらめてバイクタクシーでグンテン市場まで。ここで食事とお土産の購入を済ませました。


20150602_105846073_iOS

ナシゴレン(炒飯)と海老の炒め物。ナシゴレンは絶品でした。



その日の深夜便で帰ってきましたのだかなりの強行スケジュールだったのですが1日だけでもスラバヤ見学が出来て良かったです。人が多くて熱気はあるのですが商業都市と言われるだけあってショッピングモールと動物園くらいしかエンターテインメントがないように感じました。その辺りにビジネスのチャンスがあるのかもしれません。今後ジャカルタと新幹線で繋がるという噂もありますし、要注目していきたいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

From today, I decide to display Philosophy of company "Timedoor Spirits".

When I make this company, I made this "Timedoor Spirits" while or before make business plan. I thought we have to share same sense of values, same point if view because we grew up different environment and talk by different language. As everybody know, customer needs often changes, according to customer needs, technology, methodology must change everyday. However company Philosophy, Vision, Mission can't afford to change. These things should be stable. The ship that lost target, purpose gonna sinking.
Vision
My former company also very care about company philosophy, there are many display and chorus every morning meeting. From employee view, it was so boring and hard, I felt force like solder, so I didn' like it.

So after company publish I tryed to share company philosophy while care about staff motivation. But I have aware that gradually it fade by the time and change member. Now 1year passed after join initial member, and new staff start work. I feel different temprature between I and staff.

I wanted all staff consious about most important things, then display at cabinet, toilet where staff always eye once a day. My staff may feel little annoy, but this is company so we must have consiousness that we going to one target direction, and If lost way, I want each employee judge according to this Timedoor Spirits.

Dream! Vision! It's little bit too hot.. But I like it. I try to make company that everyone is running at full power towards one direction we want to aim in the future.

IMG_2958
Timedoor Spirits on the toilet wall. Surprisingly popular in staff.


 



今日からオフィスの中で会社の理念Timedoor Spiritsを掲示することにしました。

私が会社を作る際に事業計画と同時かそれよりも先に作ったのがこのTimedoor Spiritsです。育ってきた環境も話す言葉も違う私たちが仕事をするうえで同じ価値観、考え方を共有するということは絶対にやらなければならないことだと感じていました。よく言われている話ですが我々のような業界では顧客のニーズは常に変化し、それに応じてテクノロジーやメソドロジーも変化を求められます。しかし企業のPhilosophyやVision、Missionはブレるわけにはいきません。目標、目的を失った船は沈んでしまいます。
Vision
私の前職もかなり企業理念の浸透には力を入れている会社で、社内の至る所に掲示があり毎朝の朝礼で唱和をするほどでした。社員の立場からするとこれが中々の苦行であり、なんだか軍隊の様に強制されているような感じがして私もあまり好きではありませんでした。

その様な経験もあり設立当初は社員の顔色を見ながら、みんなが不快に感じない様に気を使いながら浸透させようとしてきました。しかし時間の経過と人材の流動により徐々に理念の浸透が薄れていくことに気が付きました。今回初期メンバーが入社し1年が経過し、新たなメンバーが業務を開始するにあたり、どうしても自分とメンバーの温度差のようなものを感じ始めていました。

一番大切にしてほしい我々の理念を全社員にもっと意識してほしいと心から思い、キャビネットやトイレのなかなど社員が一日に必ず一度は目にする場所に掲示しました。社員は少し堅苦しく感じてしまうかもしれませんが、会社である以上みんなで1つの目指すべき道を歩んでいくんだという意識を持ち、何か迷った場合はこのTimedoor Spiritsを軸に各々が判断してほしいと思います。

大の大人が夢だ、ビジョンだ、そんな少し暑苦しいけどみんなが1つの方向に向かって全力で突っ走っている会社をこれからも目指していきたいです。


IMG_2958
トイレに掲示したTimedoor Spirits. 意外にスタッフに人気でした。





 


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ