今年の年末年始は中国で過ごしました。正月と言っても中国には中国の正月がありますので現地は普段とあまり変わりません。これまで東南アジアの国々を転々と旅行してきましたが、折角の大型連休なのでこれまで行ったことがない大国で何かを学び取れればと思い1人で旅してきました。

走り書きですが一応備忘録的に自分の学びを。

IMG_3979

中国人は英語が話せない
これは少し驚きだったのですが英語がほぼ全く通じませんでした。観光地やホテルのスタッフですらかなり怪しい感じです。中国人は一説では世界一の英語人口国と何かで聞いたことがありましたが、まず嘘だと思います。しかし日本人の話せない人でももう少し何とかしようと努力するものですが、私が対した中国人の方はみんな完全にシャッターを閉める感じで、どうにもならない事が多くて困りました。


IMG_4356

中国人は性格が悪い(すべてではありませんが)
中国人と言えば性格が悪い、マナーが悪いと各地でよく聞いていましたが、実際にあまり中国人の方と対峙したことがなかったので、本土の中国人の方がどんな感じなのか楽しみにしておりました。さて実際に対峙してみての印象ですが、正直あまり良いものではありませんでした。悪口のようになってしまうのであまり書きたくありませんが、電車を降りる人を無視して駆け込んで乗ったり、至る所で唾を吐いたり、道でもガンガンぶつかってきたりと、譲り合いを美徳とする日本人にはなかなか理解できないことが多かったです。


IMG_3946

金盾恐るべし
本当は共産主義の国の人々の生活がどのように違うのかという観点から何かを学び取りたいと思っていたのですが、あまり実感することはできませんでした。唯一痛感したのは金盾(グレートファイヤーウォール)と呼ばれる検閲システムです。いくら休暇中とはいえメールのチャックやLINEでのやり取り、細かい調べごとなどインターネットを使いたいシーンが多々あるにも関わらずGoogle, LINE, Facebook, YouTubeなどはすべてフィルタリングされて使用できませんでした。このかなり徹底した情報操作は共産主義ならではなのかなぁと感じました。それにしても普段の自分の生活がいかにインターネットに依存しているか、またそれが自由に使える環境がいかに幸せなことなのかを痛感しました。



他にも真冬なのに部屋のシャワーが冷凍シャワーだったり、軽い詐欺にあったりいい思い出よりは辛かった思い出のほうが多かった今回の旅ですがまた一回り人として強くなれた気がします。
また行きたいとは思いませんが中国の皆様ありがとうございました。謝謝。


このエントリーをはてなブックマークに追加

長いようであっという間に2015年が過ぎ2016年が始まりました。同時に私は日本を離れて海外で暮らして2年が経つ事になります。自分なりに昨年の振り返りと今年への決意をまとめました。昨年の反省を踏まえて2016年はもっと良い年にしていきたいと思います。


2015年の振り返り

 <良かったこと>
・多くの仲間が増え、仲間を失わなかった
今年だけで6人の新しい仲間が増えました。元々6人でスタートしたので倍に増えた事になります。その過程では大学で講演をさせていただいたり、知り合いの方に頼み込んで紹介していただいたり、と努力してきました。結果とても協力な新メンバー達がチームに加わってくれる事になり、組織の力は2倍以上にパワーアップしたと思います。またジョブホップしやすいと言われるこの土地でいかに人材を引き留めるかというのも大切な課題の一つでした。その為に賞与の改善を図り、イベントや会食を定期的に設けたりしながら、日々の業務でも快適かつ怠惰でない、厳しいが楽しいというようなバランスを胃をキリキリさせながらコントロールしてきました。人材を惹きつけるのに給与という要素がとても大きな要素であるのは間違えありませんが、社員が挑戦を楽しみ輝けるステージを用意してあげることがインドネシアでも大切だと実感できましたしこれからも実証していきたいと思います。

・Webの制作事業が成長
昨年の後半からWeb制作事業のオーダーが量、質共にかなり堅調に伸びてきました。要因は下記の様にいくつかあります。
1.これまで作ってきた実績が増え、それがポートフォリオとなってきている
2.リスティング広告をはじめ、マーケティングの効率が改善された
3.人が増えある程度の数をこなせる体制ができてきた
4.新たに営業人材が入社し手厚い営業が出来るようになってきた
総じて今まで地道にやってきた事とチーム力のアップで少しずつですが着実に成長を実感することができました。

・インドネシアがホームになった
これは去年の休みにインドネシアを離れて日本へ帰郷した際に感じたことです。目で見る景色、耳から聞こえてくる人々の言葉、肌で感じる空気、電車の中のドンヨリ感、すべてがアウェイでありバリ島がホームなんだなぁと心から感じました。インドネシアでの言葉、人々、食事、気候、交通、良いも悪いも今ではすべて慣れ親しんだものだと感じられます。来た当初は自分の力の50%くらいしか出せないと感じていましたが、今ではこの地に適合して自分の持ってる力を発揮できるようになってきたと思います。


<悪かったこと>
・考えていたより言葉が上達しなかった
これまでインドネシア語はとても簡単だと思っていました。日常会話程度なら2, 3ヶ月でマスターでき、去年は誰とでも何不自由なく話せる様になりたいと思っていました。しかし現実はそんなに甘くありませんでした。大した努力もせずにそのレベルに達することができるほど、ひとつの語学を身につけるのは簡単ではありませんでした。スピーキングはまだしも、リスニングに関しては日常会話レベルとローカルの人と普通に会話するレベルでは登場する単語や文法、またスラング的な口語も含めてパターンが多種多様であり一朝一夕では身につけられないと痛感しました。今年は勉強する時間をもっと意識的に取り、大きなレベルアップを図ります。

・短期的な考えで仕事をして失敗
昨年は早く黒字ラインに事業を乗せたいという焦りから、得意分野でないにもかかわらず、変に手を出して失敗してしまった仕事がいくつかありました。会社のトップである以上、ビジョンを持ち、そのビジョンの達成に向けてレールを敷いていかなければなりません。正しい位置にレールが敷けているかどうかを長期的目線で客観的に見つめなければなりません。そういう意味で去年の失敗は良くない部類の失敗だったなぁと反省しております。

・新しい友人を多く作れなかった
ありがたいことにバリに来て1年で多くの友人に恵まれました。2年目に入った去年もホームパーティをしたり、どこかへ遊びに行ったりと友人と楽しく過ごすことも少なくありませんでした。一方で新しい友人、知人というと、あまり多くの出会いは作れていなかったかもしれません。もう少し自分から積極的に新しい出会いを求めることができたんじゃないか、また新しい出会いがあった際に簡単な挨拶程度のことがほとんどでした。より深く人と仲を深めるという点も今年は意識していきたいと思います。


2016年に向けて

<2016年の目標>
・インドネシアだけで売上4億ルピア
去年は1.5億ルピアを掲げて達成しました。今年は2倍以上の成長を目指します。これは下限目標、絶対に達成しなければならない目標です。高い目標に向けての小さな通過点にしなければなりません。

・営業出来るレベルの語学力
前途の通り昨年は営業スタッフが成長してくれたこともあり営業の場でもあまり活躍出来ていなかったかもしれません。

・自社メディアを作る
当社はこれまでインドネシアではお客様のオーダーを受けてサービスを提供するということに専念してきました。しかし我々の目標は人々に必要とされるサービスを提供し誰もが知っているインドネシアを代表する企業となることです。その為には今の受注生産型ビジネスだけでは達成できません。組織の体制や戦略策定を準備し今年の下期には挑戦していきたいと考えています。


<その他2016年に取り組みたい事>
・食べ物を残さない、残したら寄付する
・ボランティアをもっと頑張る
・アフリカに行く


皆様昨年はありがとうございました。
今年はもっといい一年になりますように。
そして世界中の皆様が平和で幸せに暮らせますように。

 happy-new-year-622149_960_720

このエントリーをはてなブックマークに追加

インドネシアの2016年度の最低賃金が発表されましたので公開しておきます。
インドネシアでは州ごとに指定される最低賃金のUMPと市ごとに指定されるUMKがあります。今回ご紹介するのは州ごとのUMP。ジャカルタはいよいよ300万ルピア越えです。
時間がないので後程ちゃんと記述致します。


地域 2014年 2015年 2016年 上昇率
アチェ特別州 Rp1,750,000 Rp1,900,000 Rp2,118,500 112%
カラワン県  Rp2,447,450 Rp2,957,450   0%
グルシッ県 Rp2,195,000 Rp2,707,500   0%
ゴロンタロ州 Rp1,325,000 Rp1,600,000 Rp1,875,000 117%
シドアルジョ県 Rp2,190,000 Rp2,705,000   0%
ジャカルタ首都特別区 Rp2,441,301 Rp2,700,000 Rp3,100,000 115%
ジャンビ州 Rp1,502,000 Rp1,710,000 Rp1,906,650 112%
ジョンバン県 Rp1,500,000 Rp1,725,000   0%
スカブミ県  Rp1,565,922 Rp1,940,000   0%
スマラン県 Rp1,208,200 Rp1,419,000   0%
スラバヤ市 Rp2,200,000 Rp2,710,000   0%
タングラン市  Rp2,444,301 Rp2,730,000   0%
タングラン県  Rp2,442,000 Rp2,710,000   0%
デポッ市  Rp2,397,000 Rp2,705,000   0%
デンパサル市  Rp1,561,000 Rp1,800,000   0%
パスルアン市 Rp1,360,000 Rp1,575,000   0%
パスルアン県 Rp2,190,000 Rp2,700,000   0%
バドゥン県 Rp1,728,000 Rp1,905,000   0%
パプア州 Rp1,900,000 Rp2,193,000   0%
バリ州 Rp1,542,600 Rp1,621,172 Rp1,807,600 111%
バンカブリトゥン州 Rp1,640,000 Rp2,100,000 Rp2,341,500 112%
バンテン州 Rp1,325,000 Rp1,600,000   0%
バンドゥン市  Rp2,000,000 Rp2,310,000   0%
ブカシ市  Rp2,441,954 Rp2,954,031   0%
ブカシ県  Rp2,447,445 Rp2,840,000   0%
プルワカルタ県  Rp2,000,000 Rp2,600,000   0%
プロボリンゴ市 Rp1,250,000 Rp1,437,500   0%
プロボリンゴ県 Rp1,353,750 Rp1,556,800   0%
ブンクル州 Rp1,350,000 Rp1,500,000 Rp1,605,000 107%
ボゴール市  Rp2,352,350 Rp2,658,155   0%
ボゴール県  Rp2,242,240 Rp2,586,000   0%
マカッサル市 Rp1,900,000 Rp2,075,000   0%
マラン市 Rp1,587,000 Rp1,882,250   0%
マラン県 Rp1,635,000 Rp1,962,000   0%
マルク州 Rp1,415,000 Rp1,650,000   0%
モジョクルト県 Rp2,050,000 Rp2,695,000   0%
ヨグヤカルタ市   Rp1,173,300 Rp1,302,500   0%
リアウ島嶼州 Rp1,665,000 Rp1,954,000 Rp2,178,170 111%
リアウ州 Rp1,700,000 Rp1,878,000   0%
中部カリマンタン州 Rp1,723,970 Rp1,896,367   0%
中部スラウェシ州 Rp1,250,000 Rp1,500,000 Rp1,670,000 111%
北スマトラ州 Rp1,505,850 Rp1,625,000 Rp1,811,875 112%
北スラウェシ州 Rp1,900,000 Rp2,150,000 Rp2,400,000 112%
北マルク州 Rp1,440,746 Rp1,577,617 Rp1,681,266 107%
南カリマンタン州 Rp1,620,000 Rp1,870,000   0%
南スマトラ州 Rp1,825,000 Rp1,974,346   0%
南スラウェシ州 Rp1,800,000 Rp2,000,000   0%
南タングラン市  Rp2,442,000 Rp2,710,000   0%
東カリマンタン州 Rp1,886,315 Rp2,026,126 Rp2,161,253 107%
東ヌサトゥンガラ州 Rp1,150,000 Rp1,250,000   0%
東南スラウェシ州 Rp1,400,000 Rp1,652,000 Rp1,850,000 112%
西カリマンタン州 Rp1,380,000 Rp1,615,000 Rp1,739,400 108%
西スマトラ州 Rp1,490,000 Rp1,615,000 Rp1,800,725 112%
西スラウェシ州 Rp1,400,000 Rp1,655,500 Rp1,864,000 113%
西ヌサトゥンガラ州 Rp1,210,000 Rp1,330,000 Rp1,482,950 112%
西パプア州 Rp1,870,000 Rp2,015,000 Rp2,237,000 111%


ジャカルタ首都特別区 最低賃金推移


 jakartaminimumsalary


年々上がるこの最低賃金。ここに出ている最低賃金はあくまで最低の金額なので企業の平均給与や社員の求める給料はもっと高いものになります。従業員にとっては良い事、もしくはなくてはならないことですが、サラリーの上昇は会社の人件費、コストに直結します。また近年始まったBPJSという社会福祉制度への強制加入など企業の負担は増えるばかり。あまりに高騰すると撤退や移転する工場などもでてくるでしょう。

今後もこの政府、企業、従業員の危険な駆け引きは続いていくのでしょうね。



 
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は大分順調に仕事をいただけるようになってきました。他のお客様からの紹介や少しの広告から多くの受注をいただき、ありがたいことにメンバーのリソースは3月まで予約で一杯です。
Now we become to receive more constant order. We can receive order from cliend introduce or small advertisement, so fortunately our schedule is full booking until March.


さて本日も1件、大きくて有名なホテルと契約していただくことができました。嬉しさもあり写真をとってFacebookにアップしたところ、1人の方がコメントをくださりました。「いいね、君のビジネスはバリで有名になってきたね」といった何気ないコメントではあるのですが、それを見てモーレツに感動してしまいました。なぜならコメントをくださった方が私の最初のインドネシア人のお客様だったからです。ホテルのゼネラルマネージャーをされている彼は右も左もわからずがむしゃらにドブ板営業をしていたころ、ほとんどの客先であしらわれる中、私の話を真剣に聞いてくれ、何の実績も後ろ盾もない私を信頼して仕事をする機会をくれました。今日ホテルの契約が取れたのも、あの時に第一歩を踏み出せていなければありえなかったことです。
Today, we recieve order from big famouse hotel. So I upload the picture in facebook because I'm so glad, then 1 person post comment to me. His comment is just normal like "Now Timedoor well known in Bali", however I feel so impressed, because the person is my first Indonesian client. He is a hotel manager. When I was doing door to door sales with unrestrained zest, almost people treat lightheartedly me, but he lissened my proposal seriously and gave to me opportunity to work together, even though I didn't have any past results. Today's order is nothing, if we didn't start first step at that time.


彼に出会えていなければ今日の我々はありません。日々会社が成長していく中でどうしても1社1社にかける時間は少なくなってしまいますが、私と私のスタッフたちはあの時の感謝の気持ちをこれからも一生忘れてはいけません。1つ1つの出会いと感謝を忘れずにこれからも頑張っていきます。
If we hadn't been meet with him, we wouldn't be who we are now. While the company is growing up day by day, our time for each client must be reduce, however we will never forget the grateful feeling at that time. Keep trying big effort and never to lose pure mindset.

20150124_121233591_iOS
 今でも大切なお客様であり最高の友人です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Religion
先日はパリで大変悲惨な事件が起きてしまいました。
バリ島に住んでいるとイランの方とかフランスの方とか様々な国の方々とお会いします。
なぜ同じ人間なのに、仲良く遊べる人もいれば、殺しあう人もいるのでしょうか。
今回のテロをきっかけに、ISに対する有志連合軍の攻撃の激化、さらなるテロの危険性、ロシアの影響力拡大、難民受入れ問題と世界は大きな混乱に向かっていくでしょう。
とても悲しい気持ちと共に、どうすることが一番の解決策なのかもわからない自分に苛立ちます。

今の自分がやらなければならないことは「学ぶこと」そして「自分の意見を持つこと」です。
海外に出てみて感じたいくつかの恥ずかしいことの一つが宗教や歴史に対する無知でした。
無知なのである事象に対して自分の意見を持つことも、発信することもできない。

宗教(思想)、世界史、国際情勢などをもっと勉強し、自分の意見を持ち、小さなアクションを起こしていく。
もっともっと努力していきます。


There was a cruel accident the other days in Paris.
I can meet Iran people, Frances people in Bali.
Why? Some people hang out together, Some people kill each other.
After this, the world going to more confusing situation like US, France attack to IS, increase risk of terrorism, Expanding Russian influence, refugee problem etc..
I feel so sorry, and I'm annoying to me because I don't know the solution.

What I can do now are only "Study more" and "Have my opinion".
After move to foreign country, one of the most embarassed things were "I don't know religion" and "I don't know history". I didn't have my opinion to each topic, and couldn't speak out, because I'm ignorant.

Study religion, world history, international situation etc, and have own opinion, and make small action.
More more effort. 



 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ