日本から海外へ飛び出して早半年、色んな事がありましたが何とか生き延びています。
こっちで暮らしていても今の時代FacebookやLINE、Skypeなどで気軽に連絡が取れるのでさみしさもなく毎日楽しく暮らしています。

有難いことに時折旧友や諸先輩方から連絡をいただいたりFacebookにコメントをいれていただいたりして嬉しい限りなのですが、 その中で本当に色んな方々から「すごいなぁ海外で働くなんて」と言っていただいたりします。

とても嬉しいお言葉なのですがいつもすごく不思議な感覚でした。だって全然すごくないんですもん。
謙遜している訳ではなく僕は本当に頭も良くないし、何か人より優れた技術や知識がある訳でもない、語学のレベルも低い。客観的に自分を見てすごいと思えるところはありません。

実際にこっちでやっている仕事のレベルもハードワークではあるものの、一般的な日本人のナレッジワーカーであれば誰でもこなせるような事を着々と進めているだけの事です。僕に「すごいなぁ」と言ってくれる人達なら誰でも出来る事だと心から思っています。

だからなんで日本人は「海外で働くことはすごい」と感じてしまうんだろうと考えさせられました。


教科書に載っていない恐怖と今を捨てる恐怖が日本人を小さくする
僕たち日本人は大半の人が見えないレールに乗って生きてきました。普通に高校、大学を出て就職率は9割以上と海外と比べて異常に高い。教科書に答えの書いてあるような問題を解くような事が得意なんだと思います。「この数字をここまで伸ばしなさい」とか「この通りに作りなさい」といったお題には滅法強い。一方で自分の教科書にない事をやるのが苦手な人が多いのかなと感じます。「英語(しゃべれないけど)で仕事をする」とか「海外に住む」という今までの自分では想像も出来ないような事に臆病になってしまう。
日本人で英語が達者、正確には外国人とのコミュニケーション能力が高い人というのはいわゆる一般的なレールから外れた日本人が多いのではないでしょうか。逆に綺麗にレールに乗ってきた人間のほうが語学が未熟です。いくら口達者な営業マンやマネージャーも言葉が通じなければ仕事になりません。言葉が通じない人とコミュニケーションをとるという事は凄まじい恐怖感を感じる事です。階段を重い荷物を持って登ろうとするお婆さんがいれば助けてあげる親切な日本人が、地下鉄で迷ってる外国人観光客は無視してしまう。それぐらい母国語以外のコミュニケーションは怖い事なんだと思います。

あとこっちにいて思うのはやっぱり日本って豊です。世界中の美味しいごはんが食べれるし、治安もいいし、母国語以外話さなくていいし。そんな心地いい環境を捨ててでも外に出る理由って中々見つけられないですよね。フィリピン人や韓国人みたいに外に出ないとヤバいっていう飢餓感もない。


50年昔と比べて西洋諸国や日本のような先進国の相対的な力は落ちていますし、これからも落ち続けます。それでも僕は日本人の力ってすごいと思うし、もっともっと社会に影響力与えられると思います。
ぜひ恐怖心を乗り越えて多くの日本人が海外で一緒に戦ってくれたらうれしいです。

DSC_0053




このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は僕がお世話になっている日本とインドネシアの関係について少し調べてみたいと思います。
こっちに住んでいるとそれはもう日本の事が気になって、頭から離れなくて、の毎日です。日本に住んでいるとあまりインドネシアという1国について深く考える事は少ないですが、今では両国の経済的な依存関係もとても強いものになっています。先日次期大統領がジョコウィ氏に決まった際も安倍総理から真っ先に祝電が入り、ジョコウィ氏の来日も内定したとの事です。
Walkers:ジョコ次期大統領、日本来訪へ準備 安倍総理の招待を承諾

abe-joko



日尼輸出入関係
まず日本とインドネシアの輸出入の関係について調べてみました。

日本 国別輸出金額(2013)
日本の総輸出金額に対してインドネシアは2%

日本 国別輸入金額(2013)
日本の総輸入金額に対してインドネシアは4%
中国韓国に比べると大きな依存度はないですが、それでも輸出、輸入共に10位以内の大きな商売相手です。

インドネシア 国別輸出金額(2012)
一方インドネシアから日本への輸出は16%で堂々の1位

インドネシア 国別輸入金額(2012)
輸入に関しても12%で3位。インドネシアの貿易から見るとかなり日本に依存した状態である事がわかります。(日本は中国、米国に大きく依存している訳ですが。。)


品目別に分解してみるとこんな感じです。
品目別輸出入
日本からは製造業で使う機械部品や素材を多く輸出しています。
一方でインドネシアからは原油、ガス、石炭などのエネルギー資源を多く輸出しています。



日系企業の進出状況
日系企業の進出状況について2012年に帝国データバンクさんが調べられたデータがありました。
日系企業1
やはり自動車や電化製品をはじめとした製造業が圧倒的に多いです。

日系企業2

年商1000億円以上の企業がこんなにあるとは意外です。ちなみに10億円未満の会社のうち28%は赤字だったようです。

日系企業3
従業員数別にみて、10人未満が10%くらいだなんて。。やっぱり資本力のある大手の会社が多く出てこられていて、0から低資金で立ち上げみたいな所は少ないのでしょうか。もしくはカウントされていないのでしょうか。



日本在住のインドネシア人
政府の調べによると日本在留のインドネシア人は約27,000人。宗教的な違いもありあまり多くの人は住んでいません。在留資格別の表が下記の通りです。
日本在留インドネシア人
これを見ると技能実習と留学の割合がとても多く50%近くを占めています。つまり正式に日本で働いているインドネシア人は1万3000人ほどという事になります。



インドネシア在住の日本人
外務省の調べるところによるとインドネシアに在住する日本人は約12,000人
インドネシア在住日本人
僕の住んでいるバリは2,300ですか、登録してない人多そうだから5,000人くらいいそうですね(笑)



日本に訪れるインドネシア人
インドネシア→日本 訪問者数

政府観光局によると日本に訪れるインドネシア人の数は年々増えてきており2013年で13万人を越えたとの事です。最近では空港にお祈りをする場所が出来たり、ハラール対応のレストランが出来たりと少しずつ日本もイスラムの方々に対応してきています。そんな中さらに先日政府からビザ発給緩和の
訪日ビザ、インドネシア免除-フィリピン、ベトナム、インド緩和も



インドネシアに訪れる日本人
日本→インドネシア 訪問者数
これは殆どがビジネスでジャカルタを訪れる人かバカンスでバリを訪れる人かと思いますが、上がったり下がったり。一時期バリの人気低迷でかなり減少しましたが最近はジャカルタ視察とかいって訪れるビジネスマンが増えているんでしょうね。


補足として国別の年間インドネシア訪問者数も載せておきます。
国別インドネシア訪問者数
ジャカルタでもバリでも日本人は全体の5%ほど、一定数訪れているようです。
シンガポールとマレーシアはカウントがおかしそう。


まとめ
ダラダラとデータを貼り付けさせていただきましたが、数字を見る限り現時点でも日本、インドネシアの関係がとても深いものだとわかります。インドネシアのインフラやサービスの開発には日本のサポートが欠かせませんし、日本としてもエネルギーだけでなく、インドネシアをマーケットとしてみた動きが今後より加速していくでしょう。大統領が変わったインドネシアとアベノミクスを遂行中の日本が互いに成長していくために、ぼくも一翼を担っていけるよう頑張ります。




このエントリーをはてなブックマークに追加

先日バンコクに行った際に多くの人がいる割に人や車の流れがスムーズで円滑だった事に驚きました。改めて街作りの大切さ、難しさを再認識しました。


東南アジア各国首都の人口密度という物を調べると下記の様になっています。
 人口密度データ


こう比べてみるとジャカルタという都市は小さいにも関わらず山ほど人が住んでいます。
単純計算して1㎡あたり13人が住まないといけない計算になります。
こうなると当然郊外に住むか、住む場所を上に積み上げていくしかない。
そして街全体としては交通機関を整備して稼働率を上げていかなければならないのですが、まだ整備にかかる時間と街の進化のスピードが比例していない印象が強くジャカルタの交通渋滞や住み心地の悪さも納得出来ます。

一方面積が小さいKLは置いておいたとしてもシンガポールや東京もかなり高い人口密度となっています。東京の場合は周辺地域からの通勤、通学者も多いためより高い人口密度となるでしょう。それを見事に捌いているのが多くの電車であり整備された道路交通網なのでしょう。

ジャカルタでは現在新たなMRTの開通を目指して話を進めていますがワンダリングを繰り返し思うように進んでいない印象を受けます。また街自体はどんどん人や車が増えてきていますのでMRTが出来たところで全てが解決する訳ではありません。

この国の未来を左右するインフラ整備問題。新たな大統領ジョコウィ氏の手腕に大いに期待です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

インドネシアでは今ラマダンという断食期間を終え約1週間の大型祝祭期間になっています。
僕もこの休暇を利用して、まだ来たことがなかったタイのバンコクに行ってみる事にしました。
thai



タイ バンコクを旅行して感じたこと
まず驚いたのがタイが想像以上に 広範囲に開発されていてとても住みやすい場所になっているという事です。もちろんクアラルンプール、ジャカルタ、マニラなども高層ビルに囲まれてかなり発達してきていますが、タイは何年前から開発してたんだろうと思うくらいとても広範囲に発展したエリアが見られましたし、地下鉄やバスなどの交通機関もかなり洗練されているイメージを受けました。

2つ目に驚いた事が外国人が滅茶苦茶多いこと。バンコクで電車に乗ってみると直ぐに気づくのですが、外国人の割合がとても多い。特にウエスタン系の外国人が他のアジアの国々よりも多いように感じました。理由はわかりませんが観光客以外にも現地に住んでいる外国人がかなり多くいるようです。そして街の至る所に日本語の看板があり、日本人も多く見られます。街中を歩いていてもよく日本語を耳にします。話しによるとタイには登録されているだけでも5万人、観光客や未登録の在住者も合わせると10万人の日本人が住んでいると言われているそうです。驚きです。



日本人はどれだけ海外に住んでいるのか?
ついでに気になったので調べてみました。海外に住んでいる日本人って一体何人いるのか?


海外在留邦人数推移
海外在住日本人推移
外務省のデータによると海外に住む日本人の数は登録されているだけで2012年で約125万人だそうです。なるほど、国民の100人に1人は海外に住んでいるという事になりますね。



ちなみに国別でみるとこんな感じです。
国別在留邦人数
僕が今回行ったタイは7位で5万5千人、外交で様々な問題を抱えている中国に15万人もの方が住んでいるというのは少し驚きました。



日本に外国人はどれだけ住んでいるのか?
これも気になったので調べてみました。
外国人登録者数
日本には登録されているだけでも約200万人の外国人の方が住んでいるようです。未登録の方を合わせると倍くらいはいそうですね。ここでも中国、韓国という隣国が100万人以上と存在感を見せています。


という事は日本って100万人が外に出ていて、200万人を外から受け入れているっていう事なんですね。この数字が多いのか少ないのかよくわかりませんが、移民を受け入れる、受け入れないの議論とは別にもう少し思い切って外に出る人が増えてもいいんじゃないかなぁと思った今日この頃でした。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外に暮らし始めてもうすぐ半年近く。
最近とても強く感じる事があります。
それは「慣れの怖さ」です。


生活の拠点を海外に移し、言葉も地理も何もわからない中で日々生活をする事は凄まじく刺激的で自分自身が日々強くたくましく成長している事を実感できていました。

その中で言葉を覚え、地理を覚え、助けてくれる仲間も出来、少しの自信が芽生えた今は毎日心地よい気持ちで生活が出来ています。

人間は新しい事象に対して対応し、変化し、慣れ、習熟する事が出来る生き物だと思います。それは素晴らしい人間の特性であると思います。

一方で人間は慣れ親しんだ環境を好む傾向が強いという風にも感じます。
無意識に自分の枠を定め、その中で最良の判断をしていると思いこんでしまいます。

年齢を重ねるとその枠はより固くなり、経験によって培った安全策を日々繰り返していく。
それは短期で考えれば成功確率の高い正しい判断なのかもしれませんが、新たな刺激的なインプットはほぼ発生しません。年齢を重ねるたびに人間の成長速度が減衰していくのは慣れ、経験というプラス要素が反対にマイナスに作用しているのだと考えられます。

人間の慣れる力というのは本当に素晴らしいもので、超アウェイな環境に放り出されてもほんの数年、数か月アウェイで経験を積むだけでそこをホームにする事が出来てしまいます。標高の高い高地に暮らせば息苦しくて辛いですが、しばらく暮らせば心地よく暮らせるでしょう。

だからこそ、自分にとってのアウェイな環境に強引にでも自分の身を置くことが大切なのだと、少し海外での生活に慣れた近頃すごく痛感しています。例え慣れないアウェイの環境で失敗してしまっても、それは将来的には大きな財産になります。そういったチャレンジをどれだけ増やせるかが将来の自分にとって重要です。


以前MITの石井裕先生にお会いした際に、「飢餓感」という言葉を教えていただきました。
常に新しい知識、経験に飢えていなければならない。飢えた状態から解放された時が一番怖い。
14

 

という事で現状に満足せず、全く新しい挑戦をいくつか始めてみたいと思っています。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ