先日バンコクに行った際に多くの人がいる割に人や車の流れがスムーズで円滑だった事に驚きました。改めて街作りの大切さ、難しさを再認識しました。


東南アジア各国首都の人口密度という物を調べると下記の様になっています。
 人口密度データ


こう比べてみるとジャカルタという都市は小さいにも関わらず山ほど人が住んでいます。
単純計算して1㎡あたり13人が住まないといけない計算になります。
こうなると当然郊外に住むか、住む場所を上に積み上げていくしかない。
そして街全体としては交通機関を整備して稼働率を上げていかなければならないのですが、まだ整備にかかる時間と街の進化のスピードが比例していない印象が強くジャカルタの交通渋滞や住み心地の悪さも納得出来ます。

一方面積が小さいKLは置いておいたとしてもシンガポールや東京もかなり高い人口密度となっています。東京の場合は周辺地域からの通勤、通学者も多いためより高い人口密度となるでしょう。それを見事に捌いているのが多くの電車であり整備された道路交通網なのでしょう。

ジャカルタでは現在新たなMRTの開通を目指して話を進めていますがワンダリングを繰り返し思うように進んでいない印象を受けます。また街自体はどんどん人や車が増えてきていますのでMRTが出来たところで全てが解決する訳ではありません。

この国の未来を左右するインフラ整備問題。新たな大統領ジョコウィ氏の手腕に大いに期待です。