先週はとても嬉しいことがありました。
バリに来て初めてインドネシア人の方からお仕事を受注することが出来たのです。
これまで日本の会社やこちらに住む日本の方からお仕事をいただくことはありましたが、インドネシア人の方からお仕事をいただくのは初めてのことです。

僕の会社では今インドネシアのバリを拠点に日本向け、インドネシア向けにWebサイト制作やシステム開発、ゲーム開発などの仕事をしています。幸い日本から安定した仕事を受けることが出来ていて生計は成り立っているのですが、今後インドネシアに向けて様々なサービスの展開をしていきたいという展望があり、そのファーストステップとしてインドネシアの企業へのWebサイト制作、システム開発をする仕事を始めました。日本では当たり前にどの会社も持っているWebサイトもこっちではまだ持っていない会社も多く、持っていても上手く使いこなせていない所がほとんどです。そういった方々に対してまずWebサイトを持つところから始めていただきインターネットを活用したビジネスの改善をお手伝いしたいと考えました。


バリ島での営業活動
灼熱の中ドブ板営業するのはなかなかの地獄です。小さなレストランから大きなホテルまで1つ1つ飛び込みで回っていきます。しかしほとんどのお店はマネージャーやオーナーがお店にいません、スタッフに任せっきりになっているのでマネージャーやオーナーの番号を教えてもらい、後日電話をして興味を持っていただいた方に再度詳しく説明に伺います。「Webサイトって何っ?」みたいな人も中にはいるのでかなり初歩的な話からしなければならない場合が多いです。当然折衝はインドネシア語で行わなければならないので、覚えたばかりのインドネシア語と身振り手振りで説明します。今まで営業という仕事もしたことがない僕がいきなり海外でつたない外国語を使って営業をする。何もないところから1万円を稼ぐことがこんなに難しいとは、、、恥ずかしながらこの年になって改めてお金を稼ぐって大変さを痛感させられました。


100万円の仕事より1万円の仕事の方が楽しい
今回その営業活動の一貫でとある小さなホテルに訪問しました。お話を伺うとWebサイトは持っておらず、予約は全てagodaやbooking.comなどのサードパーティーからのみ。ホームページを作ったほうがいいと思っているんだけどよくわからないから後回しにしているといった状況でした。

僕は話を聞いて、このお客さんの役に立つ事が出来るという確信に近いものがありましたが、お客さんからの信頼を勝ち取るのは大変です。何度か足を運んでホームページを持つことのメリットを語り、サンプルイメージを作り、全身全霊で説明しました。

お客さんに是非御社で作って助けてくださいとい言ってもらえた時は涙がでそうになるくらいうれしかったです。

ここまで来るのは決して楽な道のりではありませんでした。その裏では僕のスタッフが全力で僕を支えてくれました。プログラマーやデザイナーは技術面の説明でお客さん信頼を勝ち取り、アシスタントの子は僕のつたない説明やインドネシア語の資料作りをいつも助けてくれます。

金額は10万円にも満たない小さな仕事かもしれません。しかし僕にとっては本当に本当に大きな第一歩です。この喜びは日本で10倍、100倍の金額でビジネスをしていた時の10倍、100倍の喜びかもしれません。


人生や仕事の価値観は人によって様々で、こんな世界の離れ小島で数万円のビジネスをする事は馬鹿げているのかもしれません。しかし僕は今とてもエキサイティングな日々を送っています。日本には僕の代わりはいくらでもいますがここには僕の代わりはいません。ITの力でより裕な社会を創る。道のりは長いですが一歩一歩前進中です。


photo




2014.12.1 追加
そしてついにリリースしたサイトがこちら
The Oasis Kuta Bali Hotel