先日友人の南アフリカ人の方とお話をしていて面白い議論ができました。


話題になったのが表題のマズローの5段階欲求。
maslow

彼が話してくれたのは「我々の住んでいるインドネシアという国の人達は多くが食事、家族、宗教などを一番に置き生活をしている方々が大半だよね。でも日本や同じように戦争で負けたドイツ、または先進国であるアメリカなどは仕事やお金、名誉、自己実現などの比重を多く置いて生活している人が多い。だからまだまだインドネシアという国は遅れているし、進化のスピードも遅いんだと思うよ。マズローの理論に通ずるものがあるよね。やっぱ日本ってすごいよね」とこんな話をしてくれました。

確かに半年以上この国で暮らしてきて、日本人とインドネシア人の生活の中で重視するものの違いの様なものはかなり感じていました。海外の方から日本の事を褒めていただくのは嬉しい事でしたが、腑に落ちない気持ちがあったので同時に以前から感じていた疑問を彼にぶつけてみました。「でも日本って先進国の中でもかなり自殺率が高い国なんだよね。たぶんインドネシアの10倍くらい多い。それはきっと日本社会の強さの裏にある過度な仕事や競争から産まれてしまう代償。日本という国は先進国であり、後進国での暮らしに比べればとても豊かな生活を送っている人が多いけど、心まで本当により豊かどうかは疑問だよね。正解はわからないけど何となくインドネシア人のほうが人本来の幸せの姿に近い気がするし。。。」こんな話をしてみました。

マズローの理論で考えると人間は低次元の欲求を満たすと高次元の欲求を求めるとありますが、それが必ずしも幸せとは限らないと僕は思います。南アフリカという過去の植民地で育った彼とこのような議論が出来てとても有意義でした。

人間にとって何が本当の幸せか、人それぞれ答えは違うのでしょうが自分なりの素敵な答えが見つけられるようにこれからも世界を冒険します。