インドネシアの2015年の最低賃金が発表されました。平均すると全体的に115%程度の上昇率です。今回最低賃金の決定後にガソリン価格の値上げ発表があり大きな問題となりましたが、今年も順調に賃金は上がっております。ジャカルタは2,700,000IDRでした。日本のレートですと26,000円程度でしょうか。下記の図からもわかる様に3,000,000IDRに手がかかりそうな地域がいくつも出てきましたね。

インドネシア地域別最低賃金


地域 2014年 2015年 上昇率
アチェ特別州 Rp1,750,000 Rp1,900,000 109%
北スマトラ州 Rp1,505,850 Rp1,625,000 108%
西スマトラ州 Rp1,490,000 Rp1,615,000 108%
リアウ州 Rp1,700,000 Rp1,878,000 110%
リアウ島嶼州 Rp1,665,000 Rp1,954,000 117%
ジャンビ州 Rp1,502,000 Rp1,710,000 114%
南スマトラ州 Rp1,825,000 Rp1,974,346 108%
バンカブリトゥン州 Rp1,640,000 Rp2,100,000 128%
ブンクル州 Rp1,350,000 Rp1,500,000 111%
バンテン州 Rp1,325,000 Rp1,600,000 121%
タングラン市  Rp2,444,301 Rp2,730,000 112%
南タングラン市  Rp2,442,000 Rp2,710,000 111%
タングラン県  Rp2,442,000 Rp2,710,000 111%
バンドゥン市  Rp2,000,000 Rp2,310,000 116%
ボゴール市  Rp2,352,350 Rp2,658,155 113%
ボゴール県  Rp2,242,240 Rp2,586,000 115%
ブカシ市  Rp2,441,954 Rp2,954,031 121%
ブカシ県  Rp2,447,445 Rp2,840,000 116%
デポッ市  Rp2,397,000 Rp2,705,000 113%
スカブミ県  Rp1,565,922 Rp1,940,000 124%
カラワン県  Rp2,447,450 Rp2,957,450 121%
プルワカルタ県  Rp2,000,000 Rp2,600,000 130%
ジャカルタ首都特別区 Rp2,441,301 Rp2,700,000 111%
スマラン県 Rp1,208,200 Rp1,419,000 117%
ヨグヤカルタ市   Rp1,173,300 Rp1,302,500 111%
スラバヤ市 Rp2,200,000 Rp2,710,000 123%
グルシッ県 Rp2,195,000 Rp2,707,500 123%
シドアルジョ県 Rp2,190,000 Rp2,705,000 124%
モジョクルト県 Rp2,050,000 Rp2,695,000 131%
パスルアン県 Rp2,190,000 Rp2,700,000 123%
パスルアン市 Rp1,360,000 Rp1,575,000 116%
ジョンバン県 Rp1,500,000 Rp1,725,000 115%
プロボリンゴ県 Rp1,353,750 Rp1,556,800 115%
プロボリンゴ市 Rp1,250,000 Rp1,437,500 115%
マラン県 Rp1,635,000 Rp1,962,000 120%
マラン市 Rp1,587,000 Rp1,882,250 119%
バリ州 Rp1,542,600 Rp1,621,172 105%
デンパサル市  Rp1,561,000 Rp1,800,000 115%
バドゥン県 Rp1,728,000 Rp1,905,000 110%
西ヌサトゥンガラ州 Rp1,210,000 Rp1,330,000 110%
東ヌサトゥンガラ州 Rp1,150,000 Rp1,250,000 109%
西カリマンタン州 Rp1,380,000 Rp1,615,000 117%
南カリマンタン州 Rp1,620,000 Rp1,870,000 115%
中部カリマンタン州 Rp1,723,970 Rp1,896,367 110%
東カリマンタン州 Rp1,886,315 Rp2,026,126 107%
マルク州 Rp1,415,000 Rp1,650,000 117%
北マルク州 Rp1,440,746 Rp1,577,617 110%
北スラウェシ州 Rp1,900,000 Rp2,150,000 113%
ゴロンタロ州 Rp1,325,000 Rp1,600,000 121%
東南スラウェシ州 Rp1,400,000 Rp1,652,000 118%
中部スラウェシ州 Rp1,250,000 Rp1,500,000 120%
南スラウェシ州 Rp1,800,000 Rp2,000,000 111%
マカッサル市 Rp1,900,000 Rp2,075,000 109%
西スラウェシ州 Rp1,400,000 Rp1,655,500 118%
パプア州 Rp1,900,000 Rp2,193,000 115%
西パプア州 Rp1,870,000 Rp2,015,000 108%


 
ジャカルタは111%、私の住んでいるバリは105%の上昇となりました。下記ジャカルタの10年推移です。10年前から比べると3.8倍、5年前と比べても2.1倍です。国の成長と共に国民の懐も潤ってきています。
ジャカルタ首都特別区最低賃金推移



ちなみに東南アジアの国々で最低賃金を比較すると大体下記の様になります。
※2014年のデータを筆者なりに加工して作りました。
東南アジア最低賃金比較

 インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシアは恐らくこのまましばらく追いつき追い越せの競争を続け上昇し続けるでしょう。それにベトナル、ミャンマー、カンボジア、さらにはバングラディシュといった国々がそれに続く形です。これらの国の労働者は賃金が上がるのが当たり前という感覚で働いています。前年と同じ仕事量、レベルでも10%程度の上昇がないと不満を感じてしまいます。日本人には中々想像しずらい感覚です。

最近すごく考えさせられます、今まで行われてきた賃金の安い場所で作って高い場所に売り、賃金が上がれば別の場所に移るというビジネスの形態、これが50年、100年と時間が経ちアフリカなども1週し世界の賃金格差が無くなる時代。ロボットの社会進出も進み良くも悪くも私たちの生活が大きく変化するでしょう。それが良い時代であるように次の世代に良いバトンを渡せるように自分にできる全ての事に挑戦していきたいと思います。



 2015/08/27: 上記情報は2014年末発表のものです。最新の情報は政府サイトよりご確認いただければ幸いです。


 2015/12/27: 2016年の情報はこちらに記載しています2016年インドネシア最低賃金を詳しくチェック