年末の休日を利用して、久々に海外へ旅行に行ってきました。
目的地は香港・ドバイ。 これまで東南アジアの国々にはかなり足を運んできていたので、まったく別の世界である中東に新たな発見を求めて行ってきました。

気づいたこと、気になったこと箇条書き
香港
- いろんな国の人が住んでいる
- 特にインド人やばい、多すぎ
- インドネシア人も結構いる
- みんなオシャレ、髪とかも理解できないけど最先端な感じ
- 日本より物価高いかも
- まだ色んな所で開発途上なのか、工事ばっかりしてる

ドバイ
- 正装していて金持ちそうな人が多い(みんな金持ちに見える)
- アフリカ人っぽい人が結構多い
- 道路は完全に車最優先。超車社会。
- 地下鉄やバスなどが整備されていて移動が便利
- 旅行者用のWi-Fiが国中に整備されている
- 消費税は0%
- 未だに高いビルをバンバン建てている
- 屋内も屋外も綺麗

それにしても驚いたのは、香港にせよ、ドバイにせよ、都市が完全に国際化しています。
レジ打ちのおばちゃんや、トイレ掃除のおじちゃんまでほぼ全員が英語を話せますし、若い子なんかは英語で友達同士おしゃべりしていたりします。
一番感じるのは、なんか国全体が外国人慣れしているというか、ダイバーシティが当たり前という環境が出来上がっているということでした。

またそれらが政府主導で長期的な政策として取り組まれているのがわかります。
シンガポールや香港は金融や貿易、ドバイをはじめとしてアラブの国々はオイル、それぞれの得意分野で稼いだお金を観光や不動産開発などの次のインカムポイントへ投資していく、とても頭のいい政府だと思います。欧州のサッカーチームを買ったりしているのも、国策としてアラブをアピールしており長期的に見ればサッカー単体でも、国のプロモーションという意味で十分に利益が見込める投資なのでしょう。



今後益々進んでいくグローバル化というかボーダレス化に向けて我が国ニッポンは本当にこのままで大丈夫なのかと改めて心配になってしまいました。世界は僕たちが思っている以上に先に進んでいますし、このままではどんどん取り残されてしまう気がします。

今回旅をしながら日本も強引にでもこういう事をやっていったほうがいいんじゃないかなぁと思いました。


授業の英語化
残念ながら古文や漢文を勉強しても今の世の中では約に立ちません。
シンガポールや香港、ドバイでは授業は基本的に英語で行われます。
英語の授業の時間数や開始時期で議論している日本とはレベルが違うのです。
教師の数や質の問題もありますが、外国人教師の積極採用も視野に入れながらますは一部地域や学校から授業の完全英語化を推進していってほしいと思います。


都内や地方観光地へのWi-Fi配備
自分で海外旅行や海外勤務をしていて感じるのですが、インターネットがあれば大概のことはなんとかなります。今はみんなLINEやWhatsappを使っているのでそれでチャットや電話もできます。
ドバイでは外国人が登録して3日で6時間2000円くらいでWi-Fiを街中で使えました。
日本も国をあげて全国にWi-Fiを配備して利用を促していくべきだと思います。
一日10ドルくらいであればみんな喜んで利用しますし、毎年数百万人が数日間利用してくれれば事業としてもペイするんじゃないでしょうか。


他にも色々ありますが、時間がないのでまた書きます。
IMG_6513