先週からベトナムでお仕事があり、インドネシアの大型連休を利用して視察に行ってきました。
5年前に初めてハノイを訪れてから、久々にベトナムを再訪問し、多くの学びと刺激がありました。

社会主義国ならではの腐敗やビジネス慣習

政府関係者の汚職のようなものは、ベトナムに限らずよく耳にする問題ですが、社会主義として政府役人が絶対的な権力をもつこの国は賄賂やキックバックの大きさや頻度もハンパじゃないようです。ビジネスをやるにしても担当者へのキックバックや裏金などが発生するのが当たり前の世界で、これらの問題にどう対処するかが1つの大きなビジネス課題であるということがわかりました。


ホーチミン、ハノイ、ダナンという3都市

まず5年前の自分と、今の自分では、視点が大きく異なります。3年間を過ごしたインドネシアはもちろん、タイやマレーシア、シンガポールなど東南アジアの様々な国や日本と比較し、より広い横の軸でこの国を見ることが出来ました。今回はホーチミン、ダナン、ハノイという代表的な3都市を周りましたが、それぞれ特徴が大きく異なっていてとても面白かったです。元々南北に分かれて戦争をしていた人達が1つになった国ということもあり、人々の性格や考え方、能力、規制の厳しさ、人件費、成長余地など、が違うという前提でビジネスを展開しないといけないと、改めて痛感しました。



ベトナムで働くすごい日本人や日系企業

今回幸いにも6日間で6名、6社という沢山の方々に時間をいただく事が出来ました。お忙しい中、お時間をとり、惜しげも無くなんでも気さくに教えていただいただきました。異国で大きなビジネスを展開している方々は皆さんキャラにエッジがあり、話が面白く、人間力が高いなぁと感心しました。また数年で100人規模の人材を抱えるくらいにビジネスをドライブさせており、東南アジアの特徴や成長に上手く乗っかっているという点に関しても、自分自身の反省と改善に活かさなければなりません。


Timedoorというビジネスをインドネシアだけでなく、東南アジア全体で展開し、成長させられるよう、より精進していきます!


IMG_8017