先日弊社の創業時から学生バイトとしてずっと働いてきてくれたスタッフが大学を卒業しました。

なんと学部の首席に輝き、地元の新聞にも掲載されました!
嬉しいのでブログに書き残したいと思います。

51


彼女が最初に会ったきっかけは日本語が喋れる女の子がいるということで、アシスタントにどうですかという友人の紹介でした。

面接をするなかで、ほぼ全く日本語が話ないという事がわかったのですが、なんとかしてやろうという根性と天性の明るさに魅力を感じて、パートタイムで働いてもらう事にしました。

その時に僕らが約束したことがあります。
学業と仕事の両立に挑戦する
どちらも途中で諦めない
時間が被った時は学業優先

そしてこの約束を守って、この3年間本当によく頑張っていました。

忙しい時は僕のバイクの後ろに乗って営業に行きながら、後ろで携帯を持ってずっと電話やメールで働いてくれました。

学校が終わってから、周りの友達が遊びに行きなか、妬みに打ち勝ちながら、会社に来続けました。

今、周りの友達は卒業してからの働き先がなく、彼女を羨ましく思っているそうです。

そんな彼女が見事学年1位の成績で、スピーチをしながら卒業してくれたことは、自分のこと以上に嬉しく思います。

インドネシアでは学校に行きながら、パートで働くという事があまり一般的ではありません。そして、卒業して社会に出てから180度違う世界を体験する事になります。

僕は個人的に学生のうちから可能な限り仕事をすることを推奨しています。学校で学ぶことも大事ですが、実際の仕事から学ぶ知識や技術、そしてお金をお客様から頂く大変さ、時間管理の大変さを若いうちから学ぶのはいいことだと思います。

弊社ではプログラマーやデザイナーでパートタイムで働いてくれている学生が沢山います。会社としてとも人材不足を補えるという点、優秀な若手人材を囲い込んでいくという点からも、Win Winなシステムだと思っています。

これからもインドネシアの若い子たちが、そのポテンシャルを最大化できるような環境を作っていきたいと思います!