今年も残すところわずか1日。

本当に色んなことがあったのですが、あっという間に一年が終わろうとしています。
年末はインドネシアのスラウェシで自然に囲まれながらのんびりと過ごし、今年の振り返りをしています。



たくさんチャレンジして多くの良いことや悪いことがありました。



良かったこと
1.人材危機を乗り越えて人材の宝庫に
2.アプリ開発事業に着手
3.大型案件を受注し売上が拡大


1.人材危機を乗り越えて人材の宝庫に
昨年末は面談の際に多くの退社願いがあるなど、非常に辛い思いをしました。これまで、人並み以上に社員のことを大事にしてきたつもりでしたが、今年は今まで以上により社員に向き合い、給与などの待遇も変更しました。

その結果、多くの社員が退社を取りやめて残ってくれ、これまで以上に一生懸命働いてくれました。さらに多くの新しいメンバーも加わり、退職者に対して、人を継ぎ足していくという負のサイクルから抜け出し、コミットメントのある力強い組織が出来たと思います。


2.アプリ開発事業に着手
今までやってきたゲーム事業を縮小し、新たにアプリ開発事業を始めました。インドネシアでは、相当数のスマートフォン普及に加え、近年のITビジネスブームもあり、アプリ開発に対する需要がかなり高まっています。しかしその需要に供給や開発者の品質が追いついていないのが現状です。当社では日本人のエンジニアを日本から招いてインドネシア人にトレーニングを施し、アプリ開発チームを作りました。まだ始めたばかりですが、多くのお問い合わせと数件の受注をいただております。来年に向けて楽しみな新規事業ができました。


3.大型案件を受注し売上が拡大
今年からジャカルタへの営業を強化し、いくつかのラッキーもありましたが何件かの案件をいただき、売り上げを大きく伸ばすことが出来ました。ジャカルタとバリでは案件数も規模も1桁違います。その分要求されることも当然大きくなってきます。より高いレベルの仕事が出来るようになってきました。





悪かったこと
1.メディア立ち上げや買収の失敗
2.事業拡大に伴うオペレーション不全
3.大怪我をした


1.メディア立ち上げや買収の失敗
私は当初からインドネシアで何かネットサービスやメディアを作りたいと思ってきました。そして今年は実際にメディアを作るために自分やスタッフの時間もそれなりに投資してきました。しかし結果的には、サービスを作っていたスタッフが退職したり、既存の開発事業に忙殺され、上手く立ち上げることが出来ませんでした。これは経営者としての私の判断ミスです。サービスやメディアは生半可な覚悟やリソースで作る事は出来ないという事を改めて思い知りました。これを教訓にして次の機を図り、再挑戦できればと思います。


2.事業拡大に伴うオペレーション不全
良い事で書いた通り、今年は仕事の数も要求も大幅に増えました。そんな中、新規クライアントのハンドリングや過去クライアント様のメンテナンスで仕事が肥大しすぎオペレーション不全を起こすことが多々ありました。プロとして、お客様の管理や素早いメンテナンスサービスを提供する体制を早急に作らなければなりません。


3.大怪我をした
年末、バイクで事故を起こし、死にかけました。
深夜、遅くまで作業し、疲れてバイクで帰っている途中に居眠り運伝をして川に転落し顔面を強打、前歯が折れたり、鼻が曲がったりする大怪我を負いました。幸い脳や背中にはダメージがなかったので良かったのですが、とても痛い思いをして自分の馬鹿さ加減を思い知りました。バリに来て4年、バイクの運転にも慣れてどこか驕りがあったのでしょう。もう少しで、命を落としたり、深刻な怪我を負って色んな人に迷惑をかけるところでした。健康な身体あっての日々の生活ですし、リスクをしっかりと考えることの意味を改めて学びました。



最後に、来年の個人目標も、来年は下記3点をしっかりと成し遂げたいと思っています。


2018年の目標
1.売り上げ目標 25億ルピア
2.デンパサールNo.1のオフィス建築
3.ギターを覚えて世界中の人と交流出来るようになる
おまけ. 本を24冊読む


経営者をやっている以上、売り上げを伸ばしていかないといけないのは当然ですが、弊社では来年は事業拡大に合わせて大きな自社オフィスを建築予定です。これは向こう30年を考えた戦略的な投資になります。ターニングポイントになり得るこのプロジェクトを何が何でも成功させなければなりません。
また、個人的には事業とは全く別の角度で、ギターを覚えたいと思ってます。自分の将来の夢ややりたいことを考えると、もっともっと色んな人と仲良く交流できる人間になりたいですし、ならなければいけません。コミュニケーションの少し苦手な僕にとって、サッカーや音楽は初めての人とコミュニケーションをとるとても有効な手段なのです。今は全くできませんが、ギターを覚えて世界中の人ともっと交流が出来る人になって、自分の夢を叶えたいと思います。



今年の年末はインドネシアの田舎のスラウェシで過ごしました。仕事から少し離れて自然に囲まれながら現地の人々と触れ合うことで、言葉で言い表せない幸せな時間を過ごせました。



来年も素敵な一年にしたいです。

良いお年を!


52