慌ただしい1年がいつものようにあっという間に過ぎ去り、また新たな慌ただしい1年が始まろうとしています。今年で海外生活6年目、海外で生活することが日本で生活する以上に当たり前で心地の良いものになってしまいました。

オフィス・自宅の移転
今年は会社にとっても、個人的にも大きな転換期となる年であったと思います。一番大きなイベントはオフィス兼自宅を移転したことでしょう。バリ島に移住して約5年間住み、働いた一軒家が5年間の契約満了、社員数の増加によるキャパシティの限界を迎え、200人が働ける新しいオフィスを自分たちでデザインし建築することにしました。30年間の借地をし、大きな投資をして建築するビッグプロジェクトでした。前オフィスの契約期間の問題から、建築途中のオフィスに移らなければならなかった為、粉塵が飛び交い、騒音が鳴り響く中で、我慢しながら仕事をしてくれた社員のみんな、そして素晴らしいオフィスを建築してくれた協力者のみなさんには心から感謝しています。10月に完成披露パーティーとして社員、社員のご家族、クライアント、仕事のパートナー、友人を呼んで一緒に食事をしたこと、お話をさせていただいたこと、握手をさせていただいたことは一生忘れることはないでしょう。自分たちの稼いだお金だけで建てたわけではないですが、このオフィスがTimedoorが5年間で培ってきた実績、信頼、期待の象徴だと思っています。

プログラミング教育事業開始
会社としては子供にプログラミングを教える教育事業、Timedoor Academyを立ち上げたことも大きな出来事でした。去年の末からボランティアで子供達にプログラミングを教えてみて、本当に社会に必要とされていて、自分たちの強みが活かせるもの、だと思いこの事業をインドネシアで始めることにしました。約半年間をカリキュラム作成やトライアルに費やし、10月に公式にオープンすることができました。開始3ヶ月ですが100人を超す生徒さんに入会いただき、このビジネスのポテンシャルや社会的意義を再確認することができました。社内スタートアップのような形でダイナミックに課題、タスクが変わっていく中で、僕の無理難題を聞きながらここまでハードワークしてくれたAcademyメンバーは最高の仲間達でした。彼らがいなければまだスタートすることすら出来ていなかったでしょう。また土日にも関わらず無料体験を手伝ってくれたTimedoorのスタッフや、バリでは全く認知されていないこの新しい教育を広めることを手伝ってくれた皆様にも本当に感謝しています。この事業を通じて、来年以降より大きなインパクトを社会に与えていきたいですし、世界中の人が僕らの作ったカリキュラムでプログラミングを勉強している未来が来ることを夢見ています。

社員数の急増と社員の成長
今年の初めには30人に満たなかったTimedoorの社員は、年末には全ての部門を合わせると50人を超えていました。オフィスの移転や新規事業もあり、これまでやってきたデザインや開発、その他の事業にはなかなか自分の力を割くことがなかなか出来ず、自分の無力感を感じるとともに、私がいなくても、各プロジェクトをしっかりと推進してくれた社員のみんなには感謝しています。扱うプロジェクトの多さも大きさも難易度もすべてが昔から変わってきている中で、社員が責任感をもち、自ら考えて、自ら行動する姿は私に勇気や希望を与えてくれました。

アフリカ旅行
個人的には今年の半ばにアフリカに行ったことが大きなイベントでした。子供の頃から夢見ていた”いつかアフリカに行ってみたい”という夢がかなった瞬間でもあります。アフリカの大草原で感じた地球の大きさと自分の小ささ、アフリカの子供たちからリマインドしてもらった純粋な心は、私のこれからの人生にも大きな影響を与えるでしょう。”いつかアフリカに行ってみたい”という夢を”いつかアフリカで社会の為になるビジネスをしたい”という新しい夢にアップデートして、これからもその夢に向けて走っていきます。

ソーシャルスタートアップ MIRAINESIA
また南スラウェシの田舎で友人とMIRAINESIAというソーシャルスタートアップも始めました。これは僕が東南アジアやアフリカで感じた国の格差だけではなく、都会と田舎の格差による経済問題、教育問題、雇用問題、環境問題などに取り組む社会起業です。地方ならではのリソースを活用してビジネスを興し、地方の問題を改善していこうという取り組みです。まだ始めたばかりで、問題が沢山あり、思ったような成果は残せていませんが、僕のようなちっぽけで能力の低い人間でも、熱い思いをもって行動していくことで社会を少しは良くすることが出来るんだ、ということをこの活動を通じて証明していきたいと思っています。

2020年に向けて
来年2020年は引き続き会社にとって重要な局面が続くでしょう。開発事業はより規模の大きく、難易度の高い海外の事業もこなしていかなければなりませんし、今年はまだ規模の小さかった新しい事業も、より大きくしていかなければなりません。また会社としては永遠の課題となっている自分たちオリジナルのサービスも育てていかなければなりません。私も含めて社員全員が次のレベルに進化しなければ高い目標を達成することは出来ないでしょう。2021年以降、私達は100人以上の規模になりインドネシアの空を自由に飛び回る鳥のような素晴らしい企業になれると信じています。その為にも2020年は今まで温めてきた卵の殻を自ら破って、次のレベルに行かないといけないのです。

個人的な決意としては、軸をぶらさずに自分らしく走り切りたいと思っています。2019年も正解のわからないことにがむしゃらに取り組みましたが、正直やや問題もあり、心と体のバランスが少し崩れ、精神的に不健康な時間も多くありました。夜寝付けなかったり、ネガティブに物事を考えてしまったり、自分らしく振る舞えなかったりしていました。経営者としても、1人の人間としても心と体を健康に保つことは何よりも重要だと痛感しています。2020年はあれこれ深く考えすぎず、もう一度自分らしく生きることを大事にしていきたいと思います。自分らしいやり方で一生懸命働き、勉強し、より良い人間、より魅力的な人間、より正しい判断ができる人間、より人に優しくできる人間、より周りに影響を与えられる人間になっていきたいです。その過程で訪れるどんな苦難も幸せも神様が自分らしく生きた私に与えてくれたものだと思って、楽しむようにしていきます。

寿命アプリなるものに僕のデータを入力すると、僕に残された寿命はあと33年と221日しかないようです。人生の折返しを迎えてしまったのでしょうか。残された時間を後悔しないように、1日1日を大事に生きていきたいと思います。

unnamed (7)


PS. 
その他 個人目標
・本を年間30冊読んで、そのうち10冊以上をアウトプットする
・週4日間は軽い運動をする
・1ヶ月に1度新しい人に会い刺激的な話をする
・新しい本を書く




A busy year is about to end soon and a new busy year is going start as usual. This year, in my sixth year living abroad, living abroad has become more natural and comfortable than living in Japan.

Move Office & Home
I think this was a major turning point for the company and for me personally. The biggest event was probably relocating office and home. I moved to Bali and lived for about 5 years, and the house I worked for expired the contract for 5 years, the capacity limit due to the increase in the number of employees, then we decided to design and build a new office that can work 200 people. It was a big project that lease the land for 30 years, invested a lot and built it from scratch. Due to the contract period of the previous office, we had to move to an office under construction, so dust was flying around and the noise was echoing, so all the employees worked with patience.
Thanks to everyone who helped build a great office in harsh conditions. I will never forget that we had a opening party in October with our employees, their families, clients, business partners and friends to have dinner together, talk and shake hands. We don't just build our own money, but I think this office is a symbol of Timedoor's five years of result, trust and expectations.

Programming School
It was also a big event for the company to launch Timedoor Academy, an educational business that teaches programming to kids. We volunteered to teach programming from the end of last year, then I decided to start this business in Indonesia because it was really needed by society and we could use my strengths. About half year was spent on curriculum development and trials, and it was officially open in October. Although it has been 3 months since the start, more than 100 students have joined and have reconfirmed the potential and social impact of this business. Our issues and tasks change dynamically like an in-house startup, the Academy members who worked hard while listening to my annoying request were the best comrades. Without them it wouldn't even have been able to start. I'm also really grateful to Timedoor staff for helping us with the free trial on Saturday and Sunday. Also thank you for all peope who helping to spread this new education, which is completely unrecognized in Bali. Through this project, I want to make a bigger social impact from next year, and I dream of a future where people from all over the world are learning programming with our curriculum.

Increase Staff rapidly, Staff have grown
At the beginning of the year, Timedoor had less than 30 employees, but by the end of the year, it had more than 50 employees in all departments. Sie office relocations and new businesses are busy, so it is difficult to dedicate myself to the design, development, and other businesses that I have been doing so far. I feel grateful to all the employees who helped me carry out each project, even though I felt helpless. With the number, size, and difficulty of all the projects we have been working on changing from the past, the way employees take responsibility, think and act on their own has given me courage and hope.

Africa Trip
Personally, going to Africa mid-year was a big event. It was the moment when I dreamed of going to Africa someday since I was a child. The size of the earth(big) and size of me(small) I felt on the African safari, and the pure transparent heart I had reminded by African children, would have a big impact on my future life. I will update my dream of "I want to go to Africa someday" to a new dream of "I want to do business for society someday in Africa", and will continue to run towards that dream.

Social Startup MIRAINESIA 
I also started a social startup called MIRAINESIA with my friends in the countryside of South Sulawesi. This is the social entrepreneurship that I felt in Southeast Asia and Africa, dealing with economic, educational, employment, and environmental issues due to the gap between the city and the countryside. We are trying to start a business and improve local problems by using the local resources. Although it has only just begun, it has many issues and has not achieved the expected results. However, even low abilities guy like me can improve their society a little by acting with passion. I want to prove that through this activity.

For 2020
Next year 2020 will continue to be an important phase for the company. The development business has to deal with larger and more difficult overseas businesses, and the new business that was still small this year 2019 also needs to be larger. In addition, the company must develop its own services, which are eternal issues. Unless all employees, including me, evolve to the next level, we will not be able to achieve our high goals. Since 2021, we believe that we can grow to more than 100 people and become a great company like a bird flying freely in Indonesian sky. To do that, in 2020 we have to break our own egg shell and progress to the next level.

As a personal resolution, I want to stay true to myself. In 2019, I worked on the challenge of the unknown right answer. But honestly, I had bit problems, my mind and body were out of balance, and I had a little bit of unhealthy time. I couldn't sleep at night, thought negatively, and didn't behave myself. As a business owner and a man, I realize that keeping the mind and body healthy is very important. I won't think too much about this, and I want to live myself again in 2020. I will work hard and study hard in my own way, be a better person, be a more attractive person, be a person who can make better decisions, be a person who can be more kind to people, and be a person who can be inspired more. I will belive my potential and enjoy all the hardships and happiness that God gives me in my way.

There is Life Time Left Mobile App. If I enter my data into a app, it seems that I have only 33 years and 221 days left. Did I come to the halfway point of my life? I would like to live one day one day without any regret in my life.


PS. 
Other Personal Taret
・Read 30 book and Output at least 10 book
・4 times Exercise in a week 
・Meet 1 new person in a month and discuss something
・Write new boook